「アメリカ不動産情報」 一覧

アメリカ不動産でビットコインの節税ができます。

海外ではビットコインで不動産を買えるというサービスが少しずつ広がりつつありますが、日本人向けのサービスというのはあまりお目にかかったことがありません。 アメリカでは、ビットコインによる不動産の取引がち ...

日本法人名義でアメリカ不動産は買えるのか?

これはよく聞かれる質問です。 特に節税メリットを法人で受けたい人にとって、日本法人名義で買うことを検討する理由があるのもよく理解できます。 そして、買えると簡単にアドバイスをしている不動産会社やコンサ ...

アメリカ不動産投資では数値化しにくいところに注目すべき

最近、アメリカ在住の不動産投資家の方とお会いする機会がありました。 アメリカといっても、広いので都市ごとにかなり違いがあり、私も知らないことをいろいろと学ばせていただきました。 話の中で出たのが、日本 ...

修理代金の全額前払いはやめたほうがいいのはなぜか?

これは不動産の修理代金だけに関わらず、アメリカでの支払い全般に言えることですが、ある程度の金額の支払いが発生する場合、どのように支払いをするのかを考えたほうがよいと思います。 日本人的な感覚だと、物件 ...

物件が20000ドルから40000ドルで買える都市

アメリカ国内で物件の供給量不足が深刻になっているので、投資家はもちろん、自宅購入者もなかなか買えない状況になっていますが、そんな中、まだ格安で買いやすい都市もあります。 そんな都市の一つにピッツバーグ ...

不法居住者がいる物件を買うとどうなるか

アメリカでMLSで普通に売られている物件の中に、時折、人が住んでいる物件があります。 そういう場合、"tenant occupied"(テナント付き)と書かれています。 日本人的に考えると、入居者がい ...

アメリカ不動産市場は下落するのか?

ある調査によると、今のアメリカ不動産市場はリーマンショック前の不動産市場に似てきたそうです。 もちろん強気市場では上がり続けるものの、いつ下落に転じるかということは誰にもわかりません。 しかしこのチャ ...

シカゴ不動産市場は近々、調整局面に入るかも

不動産市場というのはいつの時代もサイクルを繰り返しています。 株式とは違い、データを分析すればこれからどうなっていくのかを読みやすい市場だと言えます。 最近のデータによると、シカゴ不動産市場は調整時期 ...

なぜアメリカの大富豪は不動産開発をするのか?

これはよくある誤解で、アメリカの不動産エージェントたちも正しく伝えていない、あるいは正しく理解していない点です。   アメリカの大富豪たちはほぼ例外なく不動産投資をしています。 しかし彼らは ...

アメリカ不動産開発にはいくら必要か?

不動産開発と聞くと果てしなくお金がかかるというイメージがあるため、一般の投資家であれば想像もできないという人が多いですが、初めから検討もしないというのではもったいないと思います。 今の時代、サラリーマ ...

Copyright© 海外投資でBe Free! , 2018 AllRights Reserved.