「アメリカ不動産情報」 一覧

アメリカの不動産が掲載価格以上で売れている

最新のニュースによると、全米平均で24%の物件が販売掲載価格以上で売れているということです。 平均すると、掲載価格よりも7000ドル高い価格で、物件が成約しています。 その中にはサンノゼ、シアトル、ソ ...

アメリカ不動産投資に向かない人

アメリカ不動産投資に限ったことではありませんが、投資に向いていないと思われる人からの問い合わせがよくありますので、私の考えを一度、まとめておきたいと思います。   夢とか憧れで問い合わせをし ...

不動産エージェントはただのセールスマン

海外不動産のマーケットを見ていると、認識違いというか、誤解と思えることがよくあります。   それはアメリカの不動産エージェントは「不動産のプロ」だという認識です。 そして日本人の投資家に'ア ...

アメリカ不動産でビットコインの節税ができます。

海外ではビットコインで不動産を買えるというサービスが少しずつ広がりつつありますが、日本人向けのサービスというのはあまりお目にかかったことがありません。 アメリカでは、ビットコインによる不動産の取引がち ...

日本法人名義でアメリカ不動産は買えるのか?

これはよく聞かれる質問です。 特に節税メリットを法人で受けたい人にとって、日本法人名義で買うことを検討する理由があるのもよく理解できます。 そして、買えると簡単にアドバイスをしている不動産会社やコンサ ...

アメリカ不動産投資では数値化しにくいところに注目すべき

最近、アメリカ在住の不動産投資家の方とお会いする機会がありました。 アメリカといっても、広いので都市ごとにかなり違いがあり、私も知らないことをいろいろと学ばせていただきました。 話の中で出たのが、日本 ...

修理代金の全額前払いはやめたほうがいいのはなぜか?

これは不動産の修理代金だけに関わらず、アメリカでの支払い全般に言えることですが、ある程度の金額の支払いが発生する場合、どのように支払いをするのかを考えたほうがよいと思います。 日本人的な感覚だと、物件 ...

物件が20000ドルから40000ドルで買える都市

アメリカ国内で物件の供給量不足が深刻になっているので、投資家はもちろん、自宅購入者もなかなか買えない状況になっていますが、そんな中、まだ格安で買いやすい都市もあります。 そんな都市の一つにピッツバーグ ...

不法居住者がいる物件を買うとどうなるか

アメリカでMLSで普通に売られている物件の中に、時折、人が住んでいる物件があります。 そういう場合、"tenant occupied"(テナント付き)と書かれています。 日本人的に考えると、入居者がい ...

アメリカ不動産市場は下落するのか?

ある調査によると、今のアメリカ不動産市場はリーマンショック前の不動産市場に似てきたそうです。 もちろん強気市場では上がり続けるものの、いつ下落に転じるかということは誰にもわかりません。 しかしこのチャ ...

Copyright© 海外投資でBe Rich! , 2018 AllRights Reserved.