アメリカ不動産

アメリカ不動産情報

完売、、、

ある不動産開発の現場を視察しました。 驚いたことにすでに完売となっていたことです。 そんなに安い物件ではないのですが、不動産のバブルの威力はすごいですね。 立ち上がる前からすべてが完売とはすごいですね ...

アメリカ不動産情報

ダブルチェックとCMA

これは不動産売却時に必要になることです。 物件を現状有姿で売却する時には不要かもしれませんが、遠隔地から物件の修理を行い、売却する時にはダブルチェックする体制が必要です。 信用できる業者を見つけること ...

アメリカ不動産情報

財政悪化と固定資産税

リーマンショックの時もそうでしたが、アメリカでは不動産価格が暴落すると、固定資産税が逆に上がるという現象が起こります。 常識的に考えれば、固定資産税と不動産価格は連動しているべきなのですが、乖離が生じ ...

アメリカ不動産情報

アメリカ不動産バブルは最終局面の様相

FRBのインフレターゲットは2%ですが、それをはるかに超えるスピードでインフレが進んでいるのは住宅市場です。 価格上昇のスピードが加速しています。 フェニックスでは30%、サンディエゴ、シアトル、ダラ ...

アメリカ不動産情報

まだ上がり続けているアメリカ不動産、そして物件の修理

アメリカ不動産は相変わらず最高価格を更新しているようです。 とはいえ、売れ行きの方は落ち込みつつあり、年ベースでは27%の下落だそうです。 不動産市場も株式市場同様、FRBの資金注入次第のマーケットに ...

アメリカ不動産情報

売りに出す前に物件を修理するのはなぜか?

今、取り組んでいる物件ですが、修理は順調に進んでいます。 どうせ売りに出すのに、どうしてお金をかけて修理をするのかというと、それにはいくつか理由があります。 もちろんきれいになっていれば、高い値段で売 ...

アメリカ不動産情報

アメリカ不動産投資と物件修理

一件、テナントが退去しました。 軽く修理して、すぐに売りに出す予定ですが、私の依頼した業者が見積もりを取りに行きました。 一体修繕に幾らかかるのだろうかと恐ろしくなりますが、ここで費用を抑えるのが投資 ...

アメリカ不動産情報

強制退去の津波が来る

パンデミック発生以降、アメリカでは家賃の踏み倒しが合法的に認められてきました。 これはモラトリアムと呼ばれていますが、この法律の期限が今月末で切れます。 過去にも、家賃の踏み倒しが合法化されてきたこと ...

アメリカ不動産情報

SDGsはアジェンダ推進のための口実に過ぎない

日本でもワクチンパスポート導入が確定しましたね。 先月末に国民の声を募集していましたが、やはりただのポーズで導入は既定路線だったのでしょう。 他に国との根回しも進んでいたということは、そういうことです ...

アメリカ不動産情報

ニューヨークの大家に対する死刑宣告

皆様はすでにお気づきだと思いますが、今の世界経済では2種類の人しかいません。 搾取する側と搾取される側です。 これは経済が混迷度を深めるにつれて、より一層はっきりしてきます。 望むにしろ望まないにしろ ...

© 2021 アメリカ不動産でBe Rich!