アメリカ不動産情報

アメリカ不動産情報

逃げ遅れた不動産ヘッジファンドの苦境

アメリカの不動産投資で最も大切といっても良いのは、参入のタイミングです。 いいタイミングで参入し、いいタイミングでエクジットすることです。 アメリカの不動産は約10年サイクルでバブルと崩壊を繰り返して ...

アメリカ不動産情報

売り物件の大幅値下げ合戦が始まっている

今、急いで売り抜けようとする人たちが大幅に値下げする例が相次いでいます。 コールドマンサックスは来年にかけて、39%不動産価格が下落すると予測しています。 つまり逃げ遅れると、さらに酷いことになるので ...

アメリカ不動産情報 マインド

ZONK? そして歴史上最高数の強制退去が始まる

終わりの見えないエネルギー危機に見舞われているヨーロッパですが、イギリスも例外ではありません。 今は女王の死であまり注目されていませんが、イギリス政府国債が危機に見舞われているようです。 エネルギー危 ...

アメリカ不動産情報

タダ同然で土地を処分しようとする不動産デベロッパー

ムーディーズが今になってアメリカ不動産の同様の予測を出しました。 アメリカの183の都市圏で、近々20%の下落が予測されるそうです。 当初、5%程度の調整が入ると予測していましたが、大幅に予測を変更し ...

アメリカ不動産情報 マインド

行動には結果が必ず伴うということ

これは用語の定義の問題ですが、異なる意味で使われているため、誤解を与えるケースも多いので再度書きたいと思います。 (私を含めてのことです。) インフレというのは通貨供給量を拡大することで、デフレはその ...

アメリカ不動産情報 マインド

"早く家を売る"というグーグル検索が急増

FBIによるトランプ大統領の別荘の"襲撃"が相変わらず、反響を呼んでいます。 メディアも捜査という言葉ではなく、襲撃という言葉を使って非難するようになっています。 そして、この許可を出した判事補(判事 ...

アメリカ不動産情報

問題の先送りはいつまでか?

  あるアメリカの不動産差し押さえ専門のブローカーの話です。 彼によると、銀行は今、差し押さえを先送りにしているそうです。 報道では差し押さえが400%上昇したとか、700%上昇したと報道さ ...

アメリカ不動産情報 マインド

部屋の中の象

英語には"The elephant in the room"(部屋の中の象)という表現があります。 これは部屋の中に象のような巨大なものがあるのに、誰もあえて口にしようとしない状況のことであり、大問題 ...

アメリカ不動産情報

ラスベガス不動産と水不足

最近はアメリカの不動産バブルが崩壊したことに関するデータが多すぎて、あまり取り上げていませんでした。 ですが、ほぼ間違いなく大恐慌とそれに伴う、資産の消失、そしてそれを安く買おうと待ち構えている人たち ...

アメリカ不動産情報

インディアナ州のカレッジタウン

アメリカのインディアナ州にサウスベンドという都市があります。 この都市は不動産投資先として、可能性がありそうです。   小都市ですが、大学が集まっている街で人気がそこそこあります。 特にしば ...

© 2022 歴史上最大の経済危機を切り抜けよう!