アメリカ不動産情報

アメリカ不動産情報

「差し押さえの津波」に備えるようにとの警告

今、法律により一時的に差し押さえが止められているため、住宅ローンの支払いの猶予が認められています。 期限が切れるたびに、延長が繰り返されていましたが、それも最後のようで、9月に終了する見込みのようです ...

アメリカ不動産情報

ますますおかしくなるアメリカの不動産市場

アメリカの不動産市場がかなりおかしくなっています。 もちろんおかしいのは不動産市場だけではありませんが、ロックダウン、上限のない金融緩和、人々の移動などが要因で、加熱している不動産市場はかなりおかしく ...

アメリカ不動産情報

アメリカ住宅ローン滞納の最新データ

アメリカの政府系住宅ローンの滞納率が上昇を続けています。 これは初めて住宅を購入する時に多く使用される、どちらかというとクレジットスコアが低い人向けのローンです。 言い換えると、デフォルト率も高くなり ...

アメリカ不動産情報

ランドコントラクトによる売却のデメリット

私の物件のある入居者は、家賃を滞納しています。 実はかなり長期間滞納していて、$15000にもなったので、もうこれ以上は我慢できないので追い出すと伝えると、すぐに$10000を支払ってきました。 私が ...

アメリカ不動産情報

住宅ローンの支払い猶予が終わる時、、、

  今、アメリカでは3人に1人が住宅ローン、あるいは家賃の滞納をしていると言われています。 今は、法律でローンの支払い猶予が認められていますが、その期限が切れた時、何が起こるのかについての議 ...

アメリカ不動産情報

アメリカ不動産の売却と税金

これはアメリカで不動産を買ったすぐ後ではなく、何年もしてから問題になる場合があります。 これは特に個人名義で不動産を保有していて、確定申告をしていない人の場合に、売却金額の一部を決済時に税金として取ら ...

アメリカ不動産情報

アメリカで土地を買う前に知っておくべきこと

アメリカでは場所にもよりますが、比較的土地の値段が安いです。 土地が高い日本と比べると、お買い得のように思えてしまいがちですが、土地が安いのには数々の理由があります。 しかし、これは日本と同じで、建物 ...

アメリカ不動産情報

嘘つき不動産エージェントが使った手口

不動産屋は嘘つきだとよく言われますが、アメリカでも例外ではありません。 こんなことがありました。   今、売りに出しているある物件ですが、一か月ほど前に買い付けが入りました。 満額での買い付 ...

アメリカ不動産情報

タイトルカンパニーとのやり取りはなかなか難しい

アメリカの不動産投資で切っても切り離せないのがタイトルカンパニーです。 タイトルカンパニーは不動産売買の際にエスクローを行う大切な仕組みの一つです。 売り手と買い手の間に入り、安全に取引を代行すると同 ...

アメリカ不動産情報

家賃を払わない入居者に復讐する大家

2021/2/26    , ,

コロナの法律で家賃の未払いでの強制退去が一時的に停止されている州では、大家が家賃を支払わない入居者に復讐する例が相次いでいます。 一番、典型的なのは入居者を追い出せないものの、暖房を止めるケースです。 ...

© 2021 アメリカ不動産でBe Rich!