マネー

マイニング詐欺の顛末、そしてマネロンの法律

2日前に書いた記事、メタマスクウォレットのマイニング詐欺についてです。

メタマスクを使用したマイニング詐欺?

 

昨日、この友人から連絡がありました。やはり全部取られたようです。

私が知る限り50万ドル以上入れていたので、かなりの被害です。

この人は仮想通貨のグループの入っていてそこからの情報だったようですが、お金が引き出せれると同時にグループのメンバー全員と連絡がつかなくなったそうです。

私の警告を聞くべきだったと、しきりに悔やんでいました。(個人的には詐欺師はもっと引き延ばすと思っていましたが、意外に早かったですね。)

これから経済危機が本格化するというタイミングでの失敗は痛すぎます。

 

仮想通貨は一気に儲かる人もいますが、そういう人はごく一部でほとんどの人は大損していると思います。

損したくなければただコールドウォレットに入れてホールドするだけが良いのかもしれません。

あと大儲けできる可能性があるからと言って、草コインに手を出すのも厳禁です。

今回の経済危機でほとんどのコインは姿を消すことになると思いますので、欲に目がくらんでしまわないようにしたいものです。

メジャーなコインを買ってホールドしておくだけで、儲かると思います。

 

仮想通貨詐欺に遭ってしまった場合でも取り返す方法があるようです。

私も少し聞いただけで本当かどうかは確認していないので、試したいという方は専門家に相談していただきたいと思います。

これはどういうことかというと、国際的なマネーロンダリングの法律があり詐欺師への送金元となった取引所はその法律違反の疑いがあるということのようです。

犯罪者、あるいは犯罪組織に対して確認をせずに送金をしたことに対する責任があるということです。

例えば、あなたが日本のどこかの取引所から身元不明の人の口座にビットコインを送り、結果としてそれが詐欺でだったとしましょう。

その場合、あなたは自分の取引所に対して責任を問える可能性があるというのです。

これは海外の仮想通貨の資金回収業者から聞いた話なので、信頼性がそれなりにあるとは思います。

もし仮想通貨詐欺にやられてしまった人は、諦めてしまう前にこの法律に詳しい弁護士に相談することをお勧めいたします。

私が聞いた情報が正しければ、多少でも回収できるかもしれません。

-マネー
-, , , , , ,

© 2022 歴史上最大の経済危機を切り抜けよう!