マインド

"ウェルス サイクル"を考え始めるべき時

金融にウェルスサイクルという考えがあります。

これは資産はアセットクラスごとに周期的なサイクルを繰り返しており、それを利用すれば比較的簡単に資産構築ができるというものです。

これはそのサイクルを示したものですが、サイクルは人々の感情に基づいて動くと考えられています。

つまり、人々の感情が欲(Greed)に傾く時、株と不動産が上がり、貴金属は下がります。

その反対に、人々の感情が恐怖(Fear)に傾く時、今度は貴金属が上がり、反対に株と不動産は下がるというわけです。

つまり、いくつかあるアセットクラスの中で、サイクルに合わせて資産の移動を繰り返せば、効率的に資産を増やしていけるというわけです。

この考えはサイクルを上手に使えば、資金を過小評価されている資産に投資し、上がったときに今度は暴落した別の資産に乗り換えるということでもあります。

ただ大半の人は価格が高騰するものに飛びつき、暴落するモノを買おうとはしないので資産が増えません。

これは人々が本来の価値ではなく価格だけを見ているからでもあります

このサイクルは周期的に上下しますが、切り替わる時に資産の移動が起こります。そしてそれはそろそろ来ようとしています。

 

ウェルスサイクルはそれほど難しい考えではありません。

ただここで主要な役割を果たすのは主に三つの資産です。それは貴金属、不動産そして株式です。

 

このブログをご覧になって貴金属を買われた方も多いと思います。

しかし買った貴金属をそのままホールドすることが最終目標ではありません。

もちろんすべてを変える必要はないと思いますが、良いタイミングで一定の割合で違う資産に変える必要があると思います。

比較的長いサイクルの中で、マーケットのトップとボトムを正確に見分けることは難しいと思います。

しかし大まかにこのサイクルを念頭に置くだけで、次に何をすべきなのかが分かるのではないかと思います。

それはため込んだ貴金属を不動産、あるいは株式に変えることです。

実際にお金持ちは無意識に、暴落した資産を買うことによってサイクルごとに資産移動をしています。

 

こちらの動画は日本語の字幕がついていますので、良ければご覧ください。

-マインド
-, , , , ,

© 2022 歴史上最大の経済危機を切り抜けよう!