アメリカ不動産情報 マインド

いつかはまた上がる、その時に向けた準備をすべき

不動産投資というと賃貸物件を買うだけだと考える人が大半ですが、不動産で利益を出す方法はそれだけではありません。

日本とは違い、アメリカでは周期的に不動産価格の暴落が起こるので、それを見込んだ投資を行うべきなのです。

価格が低迷したときは、当然買うべきなのですが、その時に価格が上昇に転じたときの準備も同時に行っておくべきなのです。

つまり、価格が上がるということは、賃貸不動産を買いにくくなり、しかも利回りが下がることを意味します。

とはいえ、ある程度の幅は持たせるべきなので、多少上がったとしても、まだまだ上がると思えば買い続けるべきです。

しかし、マーケットが完全に売り手市場に転じるときに、売る側に立てるように、マーケットが落ち込んでいるときに、それを見越した準備をしておくべきなのです。

安い時には買い、上がってきたら売れるように最初から準備をしておくということです。

少し気が早い思うかもしれませんが、計画に入れておくのとおかないのでは、結果が大きく異なります。

それは開発案件とそれに類する案件を仕込んでおくことです。

ランドバンキングはその一つです。あとは、商業物件やアパートを仕込んでおくことです。

アメリカ不動産は景気の波に合わせて、上手に取り組めは効率的な資産構築ができます。

 

今回の経済危機では、一つでも多くの案件を仕込みたいと考えていて、当然私一人ではできませんので、時期が来たら皆様にも参加をお願いしようかと考えています。

不動産開発と聞くと、敷居が高い気がしますが、実際のところそんなことはありません。

とはいえそれなりの額が必要なのですが、その敷居をできるだけ下げる方法を考えています。

 

今日は投資を考えているエリアの視察をしました。

今はあるデベが開発をしていますが、情報収集を兼ねてみてきました。

驚くほど強気な価格設定をしていましたが、それでも半分ほど売れていましたね。

 

-アメリカ不動産情報, マインド
-, , ,

© 2021 アメリカ不動産でBe Rich!