マインド

パウエル氏が利上げを断行する本当の理由??

今晩はFOMCが予定されており、注目が集まっています。

0.75%-1.0%の利上げが予想されており、その影響についても多くの予想がなされています。

1%を超える利上げの可能性を指摘する人もいます。

いずれにしてもかなり大幅な利上げとなるので、デリバティブだけでなく不動産にも非常に大きな影響を与えます。

FRBはすでにMBSの買い入れをやめており、今となっては買うのは民間の金融機関しかなく、リスクプレミアムが加算されるため住宅ローンの金利は大幅に上がります。

不動産バブルは完全に崩壊モードです。

 

ある地政学アナリストが非常に興味深いことを述べていたので、紹介したいと思います。

FRBの利上げは既定路線とは言え、解せないことがあります。

というのは世界中で利上げを望んでいる人たちがほとんどおらず、バイデン政権ですら金融緩和路線を望んでいるということです。

ECBもそうですし、正直誰も利上げをして欲しいとは言っていないのに、FRBだけは「インフレと戦う」として強烈に利上げに勝手に踏み切っているという分析がなされています。

つまりFRBの本当の敵はインフレではなく、他にいるということで、それはEUでありIMFとWEFだと考える人もいます。

グレートリセットをぶち壊してしまいがために、ヨーロッパ経済だけでなく世界経済も壊そうとしているという分析がなされています。

 

FRBの利上げによって一番損をするのは、ヨーロッパです。

ユーロは対米ドルで安値を更新し続けており、対ロシア戦争とエネルギー危機で苦しんでいるヨーロッパ経済に追い打ちをかける措置が、FRBの利上げと言われています。

これにより通貨安とインフレの促進に拍車がかかるだけでなく、ユーロダラーの流動性が減少するからです。

つまりレバレッジを効かせたヨーロッパ企業のドル建て債務の支払いを意図的にできなくしているということのようです。

過去の歴史を見ると、FRBは経済危機の度にヨーロッパの銀行を助けてきましたが、今回は違うようです。

新興国を犠牲にすることは厭わないものの、ヨーロッパを犠牲にする行動に出でいるのは今回が初めてとのことです。

ちなみに昨日ドイツのPPIが発表されましたが、驚愕の45.8%で、ワイマー共和国の悪夢へと一直線といっても過言ではありません。

ハイレバレッジのため苦境に陥ったヨーロッパ企業と金融機関を利上げにより、さらに追い込むのが今日の夜ということなのでしょう。

なぜFRBがユーロとヨーロッパ経済を潰し、延長線上ではIMFに戦いを挑んでいるかというと、彼らの目論むグレートリセットが面白くないからと言われています。

FRBと大株主の銀行銀にとって、グレートリセットは悪いことばかりでいいことは一つもありません。

ですから今起こっているのはその計画を潰してしまおうという、グローバリストたちの内紛だというわけです。

 

インフレと戦うと名目で、ユーロとEUを崩壊させてしまって、ヨーロッパを牛耳るグローバリストたちに損害を与え、リセットを失敗させようということのようです。

もちろん米ドルも大被害を被りますが、グレートリセットが失敗すれば金融機関は生き残ります。

アメリカも大被害を被り大恐慌になりますが、その上でリセットを試みるという目論見のようで生き残りをかけた決死の攻撃ということになります。

そしてこの"攻撃"により、EU圏内の経済が弱い国家に対して覇権を広げようとするドイツも抑え込もうとする狙いもあるようです。

(ドイツはイタリア、スペインといった弱小国家に対して資金援助をすることにより、EU内での覇権拡大を目指していました。)

 

グローバリストたちに戦いを挑んできたのは、トランプ大統領とプーチン大統領ですが、ここにきてダークホース的に下剋上を試みるパウエル氏の登場で、WEFは大混乱といったところなのでしょうか?

エリザベス女王の死去もありましたし、グローバリストたちのアジェンダには暗雲が立ち込めています。

 

これとやや関係するかもしれませんが、数か月前にある会議で、パウエル氏は気候変動のアジェンダへの金融面での協力を求められましたが、

即座に断ったという事件がありました。勝手にやれということのようですが、すでに関係は冷え切り、敵対関係だというのにはそれなりの根拠がありそうです。

LAGARDE, POWELL CLASH OVER ROLE OF CENTRAL BANKS IN FIGHTING CLIMATE CHANGE

 

本人が主張しているように、ボルカー議長と同じことをするというのは意外と本気なのかもしれません。

少し前にこの意見を聞きましたが、今回別の専門家も同じことを述べていたので、本当の狙いはここなのかもしれませんね。

ジェローム・パウエル氏は「伝説のFRB議長」になれる?

-マインド
-, , , , , , , ,

© 2022 歴史上最大の経済危機を切り抜けよう!