マインド

トランプは大統領に復帰するのか?

中国は2035年までにアメリカを完全に管理下に置くことを目標にしています。

選挙に不正に介入し、今の体制を利用して、アメリカ国内で混乱を引きおこし、2030年くらいまでは混乱状態を人為的に作り出すことを考えているそうです。

そして、そのあとに「救済」という形で、本格的に管理下に置くことを計画していることが、すでに明らかになっています。

選挙への介入は2004年から行われていて、アメリカ軍はそれを把握しているそうです。

というのは、米軍というのは事実上、インターネットを保有しており、そのデータすべてを観察していて、

昨年の大統領選が行われるずっと前から、選挙の不正が行われることを知っており、その証拠もすべて掴んでいるそうです。

人々の関心はトランプは大統領に復帰するのか、という点だと思いますが、クリフハイのデータセットによると、その可能性はほぼないようです。

それは恐らくトランプ氏の性格的なものによるものと思われますが、大統領に復帰するというデータは上がってこないそうです。

データセットに出てくるのは、中国の関与と社会の混迷だそうです。

 

では、不正の証拠を掴んでいる軍隊はどうするのか、という点が焦点のようですが、クリフハイのデータセットによると、いくつかの可能性があるそうです。

まずバイデン政権は秋ごろに崩壊する見通しです。

そのタイミングで、アメリカ軍が不正選挙の証拠を公開する可能性があるそうです。

可能性としては、以下の三つがあるそうです。

  1.  最高裁を変えなければならず、そのためには最高裁が不正を起こっていたという証拠が必要。それはアメリカ国民が決めなければならない。
  2. 軍が情報を公開し、選挙で不正が行われていたことを知らせる。そのうえで国民がどうするのかを決める。
  3. 軍が情報を公開し、バイデンが選挙で勝たなかったことを知らせる。米軍は不正選挙の情報を事前につかんでいて、トランプはそのためのおとりとして演じていただけで、決して大統領としては選出されていなかったことを知らせる。

クリフハイはトランプは2024年より前に戻らないと決めているのではないかと考えているようです。

 

-マインド
-, , , ,

© 2021 アメリカ不動産でBe Rich!