マインド

Covid 21?

ある人が紹介していた内容ですが、世界の出来事を見ていると、あながち嘘だとも思えないので紹介します。

私はあなたにいくつかの非常に重要な情報を提供したいと思います。私はカナダ自由党の委員会のメンバーです。私はいくつかの委員会グループに所属していますが、私が提供している情報は、戦略計画委員会(PMO--Project Management Office?--が運営)からのものです。

私はこれをすることに満足していないと言うことから始める必要がありますが、私はしなければなりません。カナダ人として、そしてもっと重要なことに、私の子供たちだけでなく他の子供たちにとってもより良い未来を望んでいる親として。私がこれを行っているもう一つの理由は、委員会のメンバーの約30%がカナダの方向性に満足していないためですが、私たちの意見は無視されており、彼らは目標に向かって前進する予定です。彼らはまた、計画された結果を止めるものは何もないことを非常に明確にしています。

ロードマップと目的はPMOによって設定され、次のとおりです。

-主要な大都市圏から始まり、外側に拡大する、段階的な二次封鎖制限の段階的導入。 2020年11月までに予定されています。

-すべての州および準州で隔離施設の取得(または建設)を急いでください。 2020年12月までに予定されています。

-COVID-19の毎日の新しい症例は、同じ成長曲線に続くCOVID関連の死亡の増加を含め、テストの能力を超えて急増します。 2020年11月末までに予定されています。

-完全かつ完全な二次ロックダウン(第1および第2のローリングフェーズの制限よりもはるかに厳しい)。 2020年12月末までに-2021年1月上旬に予定

-失業プログラムの改革と拡大は、ベーシックインカムプログラムに移行します。 2021年第1四半期までに予定されています。

-予測されるCOVID-19変異および/または二次ウイルス(COVID-21と呼ばれる)との同時感染は、はるかに高い死亡率と高い感染率を伴う第3の波につながります。 2021年2月までに予定されています。

-COVID-21による入院、COVID-19およびCOVID-21に関連する死亡の毎日の新規症例は、医療施設の収容能力を超えます。予想される第1四半期から第2四半期2021年。

-強化されたロックダウン制限(サードロックダウンと呼ばれる)が実装されます。完全な旅行制限が課せられます(州間および都市間を含む)。 2021年第2四半期に予定されています。

-個人のベーシックインカムプログラムへの移行。 2021年第2四半期半ばに予定されています。

-予測されるサプライチェーンの崩壊、在庫不足、大きな経済的不安定。 2021年第2四半期後半に予定されています。

-主要な大都市圏およびすべての主要な道路に軍人を配置して、旅行のチェックポイントを確立します。旅行と移動を制限します。地域に後方支援を提供します。 2021年第3四半期までに予定されています。

提供されたロードマップに加えて、戦略計画委員会は、前例のない経済的努力に対応するためにカナダ人を移行する効果的な方法を設計するよう求められました。カナダの顔を変え、カナダ人の生活を永遠に変えるもの。

私たちが言われたことは、本質的に国際規模での経済崩壊を相殺するために、連邦政府はカナダ人に完全な債務救済を提供するつもりだったということでした。

これがその仕組みです。連邦政府は、すべての資金が提供されるすべての個人債務(住宅ローン、ローン、クレジットカードなど)を排除することを提案します。
世界債務リセットプログラムとして知られるようになるものの下でIMFによってカナダに。

この完全な債務免除を受け入れることと引き換えに、個人はすべての財産と資産の所有権を永久に失います。

個人はまた、COVID-19およびCOVID-21の予防接種スケジュールに参加することに同意する必要があります。これにより、完全に封鎖された状態でも、無制限の旅行と無制限の生活が提供されます(カナダのHealthPassと呼ばれる写真付き身分証明書を使用することにより) )。

委員会のメンバーは、そのシナリオで没収された資産と資産の所有者になるのは誰か、そして貸し手や金融機関はどうなるのかと尋ねたところ、「世界債務リセットプログラムがすべての詳細を処理する」と単純に言われました。

委員会のメンバーの何人かは、世界債務リセットプログラム、HealthPass、または予防接種スケジュールへの参加を拒否した場合、個人はどうなるかについても質問しました。私たちが得た答えは非常に厄介でした。基本的に、それが決して起こらないようにする計画を立てることは私たちの義務であると言われました。参加するのは個人の利益になると言われました。

何人かの委員が執拗に答えを得るためにプッシュしたとき、私たちは拒否した人々が最初に封鎖制限の下で無期限に生きると言われました。

-COVID-21による入院、COVID-19およびCOVID-21に関連する死亡の毎日の新規症例は、医療施設の収容能力を超えます。予想される第1四半期から第2四半期2021年。

-強化されたロックダウン制限(サードロックダウンと呼ばれる)が実装されます。完全な旅行制限が課せられます(州間および都市間を含む)。 2021年第2四半期に予定されています。

-個人のベーシックインカムプログラムへの移行。 2021年第2四半期半ばに予定されています。

-予測されるサプライチェーンの崩壊、在庫不足、大きな経済的不安定。 2021年第2四半期後半に予定されています。

-主要な大都市圏およびすべての主要な道路に軍人を配置して、旅行のチェックポイントを確立します。旅行と移動を制限します。地域に後方支援を提供します。 2021年第3四半期までに予定されています。

提供されたロードマップに加えて、戦略計画委員会は、前例のない経済的努力に対応するためにカナダ人を移行する効果的な方法を設計するよう求められました。カナダの顔を変え、カナダ人の生活を永遠に変えるもの。

私たちが言われたことは、本質的に国際規模での経済崩壊を相殺するために、連邦政府はカナダ人に完全な債務救済を提供するつもりだったということでした。

そして、より多くのカナダ人が債務免除プログラムに移行するにつれて、短期間に、参加を拒否した人は公安リスクと見なされ、隔離施設に移されるでしょう。これらの施設に入ると、2つの選択肢が与えられ、債務免除プログラムに参加して解放されるか、深刻な公衆衛生リスクの分類の下で隔離施設に無期限に滞在し、すべての資産を没収されます。

ですから、これらすべてを聞いた後、想像できるように、それは非常に白熱した議論になり、私がこれまでに目撃したことのないものを超えてエスカレートしました。

結局、PMOは、誰がそれに同意するかどうかに関係なく、議題全体が前進することを暗示していました。

カナダだけではありませんが、実際にはすべての国が同様のロードマップとアジェンダを持っています。皆の向上のために、より大きなスケールで変化を促進するために、私たちの前の状況を利用する必要があること。反対されたメンバーや、そのようなことから生じる重要な問題を提起したメンバーは完全に無視されました。私たちの意見や懸念は無視されました。私たちは単にそれをするように言われました。

私が知っているのは、私はそれが好きではないということだけであり、それはカナダ人を暗い未来に置くだろうと思います。

多分、日本でも同じような計画があったとしてもおかしくないと思います。

実際、ダボス会議でも同じ内容のことを話しているし、国家レベルでの実行プランが作成されていたとしても、不思議ではないと思います。

計画通りにいくかどうかはまた別の問題だとは思いますが、債務が多い人は一番苦しい目に合うというのはその通りではないかと思います。

今イギリスで騒がれている変異はCovid 21ではないかとうわさされていますし、経済を完全破壊し、国民にワクチンを強要し、共産主義を導入するまでは、次々とウイルスが出で来るのではないかという気がしてきました。

トランプ大統領だけが世界中の希望の星なのかもしれませんね。

-マインド
-, , ,

© 2021 アメリカ不動産でBe Rich!