マインド マネー

億万長者が全米のイーグルコインを買い占めた、、

日本では失敗しましたが、いまだに世界で進んでいるCBDC導入の試みは、事実上世界的なクーデターです。

これが導入されると、国家の存在も否定されることになり、政府も国民も逆らうことすらできなくなります。

世界中ではグローバルエリートたちのアジェンダに対して、反対する機運が高まっており、その中にはCBDCが含まれていることは非常に好ましいことです。

CBDCが失敗=グレートリセット失敗を意味するからです。

私だけでなく、複数の人が勧めている金と銀、そして一部の仮想通貨を買うことは、行動でCBDCとリセットに反対することを示すことになります。

この動きが広がれば広がるほど、グレートリセットは失敗に近づきます。

というかもう失敗していますが、見る影もないくらいの大失敗に追い込まなければなりません。

武器を取って戦うことはできないかもしれませんが、一人でも多くの人がこれに気付き、1ozでも多くの銀を買うようになれば、それだけ彼らは追い詰められます。

銀の現物は彼らのアキレス腱です。

ですから家族と友人に少しでも良いから、保険として銀を買うように勧めましょう。

 

銀の現物を買われる方は価格の動向を気にされると思いますが、最近は私はそんなことは正直、どうでもよいのではないかと思っています。

今の価格で買えば、どうやっても利益が出ると思うのです。

今の時代、価格というのはあってないようなもので、ほぼすべてがコンピュータープログラムで操作されているので自由な資本主義というものは存在しません。

日本でも株価操作をすると刑事告訴されますが、中央銀行や大手の銀行ががやると不問です。

ある時、突然価格をマイナスにして、取引市場を閉鎖することは簡単に行われます。

銀価格が大暴落したとして、その価格で現物が買えるかというと、恐らく買えないと思います。

暴落したのはコメックスのデリバティブの価格であり、現物ではないからです。

 

銀は今世紀最大の相場となります。ビットコインを超える可能性があります。

銀の価格は過去に最高で$50に到達しました。しかし今は$20です。

この当時、アメリカの債務は8000億ドルでしたが、今は30兆ドルです。

インフレは30倍以上になっているにもかかわらず、銀価格は当時の半分以下です。

本来であれば、銀価格は30倍になっていたとしてもおかしくないわけです。

これは金融だけの話ですが、実際には工業用のニーズも年々、増していますのでこの価格を超えているべきです。

アヘン戦争以降続いてきた150年を超える価格操作が崩壊する時、銀価格は誰も想像できないような大暴騰を引き起こします。

そしてその時には金融システムと通貨は崩壊します。

先日、アメリカの金持ちがアメリカンイーグル銀コインとジャンクシルバーコインを60憶円分くらい買おうとしたものの、30億くらいしか買えなかったかったことが話題を呼んでいます。

枚数にして90万枚購入したそうです。

Texas Billionaire buys 900,000 American Silver Eagles

この売買をしたブローカーはこの話を最初に聞いたとき、冗談だと思ったようですが、実は本当の話で全米中のイーグルコインとジャンクシルバー全てを必死に買い占めたそうです。

このお金持ちは、どうしても米国鋳造所のコインが欲しかったようで、プレミアムが高くても関係ないということだったそうです。

価格的にはオーストリアやイギリスのコインはもっと格安ですが、アメリカのコインを入手するために、多額のプレミアムを支払ったそうです。

何がしたかったというと、米ドルのハイパーインフレと崩壊を予測しているということです。

そしてその時にはアメリカンイーグルとジャンクシルバーが、アメリカにおける本物のお金ということになります。

 

ブローカーの話では、全米のコインを買い占めてみて改めて市場の小ささを実感したと話していました。

恐らく100-200億円が投入されれば、銀はすべて店頭から姿を消すことになると思うと語っていました。

私がいつも買っているブローカーの社長も話していましたが、全米最大級のブローカーにもかかわらず、自分の会社ではこれだけの量は供給できないと話していました。

銀は本当に品薄だということです。

この方以外にも事態に気付いた金持ちが、現物の買い占めをすれば、銀は店頭から姿を消すことになります。

まだ買えるうちに少しでも多く買いましょう。

あと銀は銀でもどの会社が鋳造したのかは意外と重要です。できればリサイクルを買うことがないようにしましょう。

-マインド, マネー
-, , , , , ,

© 2022 歴史上最大の経済危機を切り抜けよう!