マインド

ドルの崩壊とUFOの出現

今日のクリフハイからの情報です。

世界が混乱するにつれ、自分が洗脳されてきたことに気付く人が急増しています。

それと同時に、新たな情報源を探し求める人たちを誤導する人たちも増えています。

 

WebBotのデータが以前から指摘していますが、中央銀行と通貨の崩壊と、これまで隠されてきた秘密が広く知られるようになることは相互に関連しています。

米ドルの購買力の消失により、これまでは賄賂と脅迫、そして暗殺により抑え込んできた秘密が流出するようになります。

そして、その中心的なものはUFOに関係するもので、それにはフリーエネルギーの秘密が隠されているそうです。

今人々を騙すために広められている嘘の中には、タイムトラベルができるとか、政治家と有名人のクローンが存在するというものがあります。

(〇✕は処刑されて、今はクローンが表に立っている、というのは大嘘です。)

CERNはタイムトラベルを可能にする、という話もありますが、どうやら違うようです。

(現在、UNは10万人を雇用して、インターネット上でUFOに関する情報拡散を止めるため、ニセ情報を垂れ流しているようです。)

 

WebBotのデータによると、UFOの話は夏の終わりに起こるとされています。(ただいつの年かの指摘していませんが、クリフハイは今年だと思っています)

UFOの情報は、WEFが隠蔽したい情報の中心的なものです。

ただ今年は情報が拡散する中で、「WEFはエイリアンと接触した、そして我々に従えば人類は助かる」、という大々的なウソを広めるようです。

クリフハイは今年の年末くらいまでには、アメリカ政府は機能不全に陥ると考えているようです。

FRBはすでに破綻状態ですが、年末ごろまでには完全に収拾不能な状態になります。

そしてドルの破綻は、最初にオーストラリアやカナダといった他の英語を話す国に波及し、ヨーロッパにも大きな影響を与えます。

そして最も影響が少ないと考えられるロシアでもかなり影響があります。

今年中に世界中で突然、ほぼ同時に通貨の崩壊が起こり、同時に革命があちこちで起こります。

この時期には世界中で、巨大な政治的空白状態が引き起こされますが、収束するまでには4-5か月から2年ほどかかるそうです。

資金不足のため、政府としての機能は停止することになります。

突然の資金不足のため、各国の政府は民間に資金援助を依頼する可能性があります。

CBDCの導入はUFO情報の流出と拡散を止めることできません。ただUFOに関する大規模なプロパガンダは行われるようです。

 

その後に世界は金と銀といった「健全な通貨」へと回帰します。恐らく2023年以降だと思われます。

通貨が健全なものに戻る時、これまでのように秘密を隠蔽するために脅迫や暗殺といったことは起こりにくくなりますし、戦争も起こらなくなります。

ウクライナに多額のお金を送るというようなことは、なくなります。

 

この大混乱が起こる時、かねてから予測している銀の価格は$600に到達し、その後も上昇します。価格の上限は分かりません。

これにより電気自動車業界は消滅することになります。バッテリー価格が非常に高騰するためです。

貴金属価格が上昇すると、貴金属が市場と経済を支配するようになります。

 

以上がメッセージの要旨になります。

少し調べてみたら、確かにUFOの報道が一気に増え始めています。

人類の歴史は、実は学校で教えられてきたものとは大きくかけ離れていたということを人々が理解する日は近そうです。

Nasa is going ‘full force’ in hunt for UFOs

32年間行方不明になっていた史上最高級のUFO写真が発見される

'We are not alone': Vancouverites spot UFO-like object in sky

UFO spotters have been dismissed as loonies. But has the US government been hiding the truth?

'Calvine Photograph': World’s Clearest UFO Picture Found After 32 Years

-マインド
-, , , , , , ,

© 2022 歴史上最大の経済危機を切り抜けよう!