マネー

破壊は計画されている

世界中の投資家たちはFRBのテーパリングと利上げに注目しています。

テーパリングと利上げ=株式の暴落を意味するからです。

 

数日前にFRBがテーパリングに関する方針を明確にしました。

ただ厳密にはテーパリングと言っても、資産の買い入れ額を若干減らすだけで、結局大幅な軌道修正とは受け取られませんでした。

FOMC: Time is here to taper bond buying, not to hike rates

 

投資家の中には、テーパリングはやめられるわけがない、そして利上げも不可能だろうという意見が多いように思えます。

これは今のマーケットはポンジー詐欺のようなもので、資金注入をやめ、利上げをすれば、一気に暴落すると考えられているからです。

そしてFRBは株式市場を暴落させるわけにはいかないので、結局は金融緩和をやめられないだろうというわけです。

FRBは結局は大企業と銀行の利益を最優先し、株式を高値に誘導し続けると考える投資家がいます。そしてそれはそうだと思います。

 

FRBテーパリング決定、次の焦点「利上げ」のカギはやはり物価

利上げ予想を巡る賭けが債券相場に波乱もたらす

 

しかし、個人的には突然、資金注入をやめて利上げをするという選択肢があると思っています。

投資家たちが考える、FRBは経済システムを崩壊させたくないと考えているという、そもそもの前提が違うと思うのです。

というのはグローバリストたちが目指しているのは、グレートリセット、つまり一度すべてを壊して再度、新しいスタートをすることです。

彼らが壊したいと考えているのは、政府、教育システム、経済システム、教育システムなどなど、ほぼすべての体制を完全に崩壊させたいと考えています。

うまくいくかは別にしても、株式を大暴落させ、人々を露頭に迷わせた後に、解決策としてグレーとリセットを提案すれば、人々が受け入れるだろうと考えていると思うのです。

今我々が毎日のように目にする変なニュースはすべて、完全に破壊するという目的のためで、それは危機を創出し、人々を恐怖に陥れた後に解決策を提示するという、シナリオに沿ったものです。

いつかのタイミングで、投資家たちに逃げる時間を与えない仕方で、株式を大暴落させる可能性は十分にあり、利上げとテーパリングはその材料として使われる可能性があります。

 

そして彼らは、なぜか事前に計画をそれとなく知らせるという変な癖があります。

つまり「やるぞやるぞ」と言っておいて、ある時本当にやるのです。

これは彼らのエゴを満たすためかもしれず、教えてやっているのに理解できないとして一般人をバカにするためなのかもしれません。

いずれにしても普通ならば、決行する時まで隠すものなのですが、彼らは少し違うのです。

米FRB、利上げを長く待てない可能性=カンザスシティー連銀総裁

 

ということで、今はアメリカ株式は調整が入ることがあるとしても、さらなる高値を目指すと思います。

しかしある時、突然暴落させる可能性があるということは、知っておくべきだと思います。そしてこれは株式だけにとどまらないと知っておくべきだと思います。

グレートリセットはうまくいかないとは思いますが、それでも注意しないと被害を受ける可能性があるので要注意ですね。

-マネー
-, , , ,

© 2022 歴史上最大の経済危機を切り抜けよう!