「アメリカ不動産情報」 一覧

物件が20000ドルから40000ドルで買える都市

アメリカ国内で物件の供給量不足が深刻になっているので、投資家はもちろん、自宅購入者もなかなか買えない状況になっていますが、そんな中、まだ格安で買いやすい都市もあります。 そんな都市の一つにピッツバーグ ...

不法居住者がいる物件を買うとどうなるか

アメリカでMLSで普通に売られている物件の中に、時折、人が住んでいる物件があります。 そういう場合、"tenant occupied"(テナント付き)と書かれています。 日本人的に考えると、入居者がい ...

アメリカ不動産市場は下落するのか?

ある調査によると、今のアメリカ不動産市場はリーマンショック前の不動産市場に似てきたそうです。 もちろん強気市場では上がり続けるものの、いつ下落に転じるかということは誰にもわかりません。 しかしこのチャ ...

シカゴ不動産市場は近々、調整局面に入るかも

不動産市場というのはいつの時代もサイクルを繰り返しています。 株式とは違い、データを分析すればこれからどうなっていくのかを読みやすい市場だと言えます。 最近のデータによると、シカゴ不動産市場は調整時期 ...

なぜアメリカの大富豪は不動産開発をするのか?

これはよくある誤解で、アメリカの不動産エージェントたちも正しく伝えていない、あるいは正しく理解していない点です。   アメリカの大富豪たちはほぼ例外なく不動産投資をしています。 しかし彼らは ...

アメリカ不動産開発にはいくら必要か?

不動産開発と聞くと果てしなくお金がかかるというイメージがあるため、一般の投資家であれば想像もできないという人が多いですが、初めから検討もしないというのではもったいないと思います。 今の時代、サラリーマ ...

アメリカの不動産開発でよくある障害 地方自治体との折衝

少し考えれば、不動産開発で普通の不動産投資以上の利益が出ることはすぐにわかりますが、参入する人が少ないことには理由があります。   まず一番大変なのが、役所からの許可を取ることです。通常これ ...

日本人が海外不動産に目を向けるのはもはや必然

報道によると、日本人による海外の不動産への投資が増加しています。今後、円安になることが確定しているような日本経済なので、今のうちにドル資産を作ろうというのは、もはや変えられない流れのように思われます。 ...

アメリカ不動産市場はまだまだ回復途中、、

アメリカの不動産、多くの都市で過去最高の高値を更新しているという報道がある一方で、都市ごとの回復を細かく見てみると、そこまでは回復が見られていないという調査結果が出ています。 アメリカの35の都市圏の ...

アメリカ不動産投資のトレンドが変わりつつある

アメリカ国内の不動産投資のトレンドが変わりつつあるようです。 投資家の注目はこれまで人気だった、テキサスの各都市は軒並み順位を下げ、マンハッタンも圏外に落ちました。   投資家たちは若い高学 ...

Copyright© 世界で不動産を買おう! , 2017 AllRights Reserved.