「アメリカ不動産情報」 一覧

ロバート シラー教授の意見

有名な経済学者として知られるロバート シラー教授はアメリカ不動産のブームも終わりに近づいているかもしれないと感じ始めているようです。 The Housing Boom Is Already Gigan ...

不動産価格が10倍以上になったケース、、、

リーマンショック後に安値で不動産を仕込んだ人たちが、最近次々と利確しているようです。 不動産価格が暴落したことで有名なデトロイトでは10倍から20倍になったという例が報道されています。   ...

2019年のアメリカ不動産市場の予測

2018年も年末に近づき、来年の不動産市場の予測が続々と出始めています。   Real Estate Outlook 2019: 'More sideways than up or down ...

最近のアメリカ不動産マーケット

アメリカでは周期的に「今はどこの州のどこの都市がお買い得」といった不動産の記事が出ます。 私は今はもう買うことをほとんどやめていて、マーケットがどうなるのかだけを眺めている状況です。ただ時々、安いのが ...

掘り出し物のアメリカ不動産を見つけるには、、、、

私はエージェントにお願いして、定期的に新着の不動産情報が来るようにしています。 アメリカではMLSと呼ばれるレインズのような不動産のデータベースですが、情報を設定しそれに会う物件が売りに出るたびにメー ...

最後まで修理されていない売り物件

最近、少しずつ安い物件が出始めてきた感があります。都市にもよるのでしょうが、、 アメリカで物件を探していると、時々あるのですが、物件の修理を途中までやって、あきらめる人が一定数います。 こういう物件は ...

人口は雇用についてくる

アメリカで不動産投資を考える場合、物件そのものと言うより、都市のマーケットをつかむことが非常に重要です。 その都市に雇用があれば、求人を埋めるために人々が引っ越してくるからです。これは当たり前なのです ...

アメリカの不動産管理の難しさ

アメリカ不動産投資をやっていて一番難しいのは不動産管理です。 テナントとのトラブルや役所の検査が入り、補修命令が出されたりすることは誰もが経験します。一番多いのがテナントとのトラブルです。家賃の未払い ...

個人名義でアメリカ不動産を買うと、売却時に不都合が出る

8年ほど前に私と一緒にアメリカ不動産を購入した友人が今週、売却しました。 銀行差し押さえ物件をかなりの安値で購入し、35%くらいの利回りで運用していました。 不動産市場が回復するにつれ、家賃を少しずつ ...

Handyman's dream

最近は価格の高騰が続いているので、すっかり様子見に入っているアメリカ不動産ですが、探せば掘り出し物はまだ時々あるようです。 アメリカにはMLSと呼ばれる日本のレインズのようなシステムがあり、条件に合う ...

Copyright© 海外投資でBe Rich! , 2019 AllRights Reserved.