「アメリカ不動産情報」 一覧

最後まで修理されていない売り物件

最近、少しずつ安い物件が出始めてきた感があります。都市にもよるのでしょうが、、 アメリカで物件を探していると、時々あるのですが、物件の修理を途中までやって、あきらめる人が一定数います。 こういう物件は ...

人口は雇用についてくる

アメリカで不動産投資を考える場合、物件そのものと言うより、都市のマーケットをつかむことが非常に重要です。 その都市に雇用があれば、求人を埋めるために人々が引っ越してくるからです。これは当たり前なのです ...

アメリカの不動産管理の難しさ

アメリカ不動産投資をやっていて一番難しいのは不動産管理です。 テナントとのトラブルや役所の検査が入り、補修命令が出されたりすることは誰もが経験します。一番多いのがテナントとのトラブルです。家賃の未払い ...

個人名義でアメリカ不動産を買うと、売却時に不都合が出る

8年ほど前に私と一緒にアメリカ不動産を購入した友人が今週、売却しました。 銀行差し押さえ物件をかなりの安値で購入し、35%くらいの利回りで運用していました。 不動産市場が回復するにつれ、家賃を少しずつ ...

Handyman's dream

最近は価格の高騰が続いているので、すっかり様子見に入っているアメリカ不動産ですが、探せば掘り出し物はまだ時々あるようです。 アメリカにはMLSと呼ばれる日本のレインズのようなシステムがあり、条件に合う ...

暴落した時の参入方法 アメリカ不動産

今は世界各地で不動産価格がかなりの高値圏に入っています。国によってはピークアウトし、下落局面に入ったところもありますし、香港など暴落の危険性が指摘されている国もあります。   カナダやオース ...

いつか来た道をたどるのか?

アメリカの若い世代がいわゆる『ラストベルト』に投資をシフトしているという報道がありました。 ラストベルトとはこのあたりで、いわゆるアメリカ国内でも衰退しているエリアことです。 ラストベルトとは? &n ...

今は買わない方がいいと思う

海外不動産業者が相変わらず買い煽りをしているので、アメリカ不動産を買いたいという問いあわせがよく来ています。   国内の不動産事情が厳しいので、アメリカ不動産をにわかに扱い始める不動産屋もい ...

アメリカ不動産市場はバブルなのか?

バブルかどうかの判断は難しいところです。というのはバブルというのは、弾けるまでよくわからないものだからです。 ただ一つ言えるのは、前回の不動産市場のピークをすでにかなり上回ってきているということだけは ...

アメリカの不動産は今が売り時かな?(多分)

最近、思うところがあり自分のアメリカ不動産ポートフォリオの一部を売りに出すことにしました。 投資家の心理として、価格が高騰して、しかも毎月のキャッシュフローが入っていると、なかなか売りに出そうとは思わ ...

Copyright© 海外投資でBe Rich! , 2018 AllRights Reserved.