アメリカ不動産情報

アメリカで不動産が安い都市

アメリカで不動産が安い都市と高い都市のデータです。

アメリカと一口で言っても、数百もの不動産市場があり、都市ごと、エリアごと、さらに言えばストリートごとに違いがあります。

ですからすべてを知ることはほぼ不可能です。

都市をいくつかに絞り、そのマーケットをよく知るようにする方がはるかに優れています。

こちらは不動産が安い都市のランキングです。

日本語にすると安いという表現になるのですが、英語ではAffordable、つまり価格がいくらかどうかというよりも、毎月の収入のうちから支払いがしていかれるかどうかという視点での安さになります。

もちろん価格とも関係してくるのですが、主眼は支払いができるかという観点での安さになります。

安いのはオハイオ、ミシガン、イリノイ、ジョージアの都市が多いです。

 

こちらは不動産が高い都市のランキング。

ほとんどがカリフォルニアに集中しています。

 

こちらは州ごとのデータ。左が安い州で、右が高い州。

 

こちらは都市圏のデータ。左が安い都市圏で、右側が高い都市圏のデータ。

投資先を決める際の参考データとして、見て見られてください。

-アメリカ不動産情報
-, ,

© 2021 アメリカ不動産でBe Rich!