マインド マネー

CBDCは特許侵害の可能性が高い

かなり前に書いたこれに関する内容です。

次世代のアメリカドルの形なのかも、、

 

世界中で進むCBDC導入ですが、少なくとも日本とアメリカでは導入ができないはずです。

法律を守るつもりがあるかどうかにもよりますが、DEFI技術は特許により保護されているため、導入は簡単ではないはずです。

以前に取り上げた仮想通貨のベリタシアムはアメリカと日本で、特許を取得しています。

ということは、導入したければ日本政府とアメリカ政府はベリタシアムの技術の使用許可を得なければできないということです。

ピアツーピアネットワーク経由による金融又は財務に関する情報の提供

 

今、ベリタシアムはコインベースに対して巨額の特許権違反の裁判を起こしています。

厳密に言うと、ほぼすべての仮想通貨は特許侵害に当たりますので、ベリタシアム次第で潰されてしまうということになりかねません。

米コインベース、ブロックチェーン企業による訴訟に直面

ベリタシアムはこれまでにアメリカ政府から不当な仕打ちを受けてきました。

SECから訴訟を起こされ、訴訟は取り下げられたものの、凍結されたベリタシアムはそのまま返還されていません。

そしてそもそもCBDCはベリタシアムの方向性とは正反対なので、アメリカと日本ではCBDCを導入した瞬間に、巨額の訴訟が起こされることになりそうです。

 

クリフハイのベリタシアムに関する予測は的中するのでしょうか?

WebBotのデータによれば、アメリカ政府はベリタシアムに協力を依頼することになっています。

そしてベリタシアムはビットコイン価格をはるかに超えることになっています。

宝くじだと思って、少しだけ買っておくのはいかがでしょうか?

 

私が聞いているところでは、今アメリカではある動きが起こっています。

どうやらここにもベリタシアムが関係しているようで、金と銀本位制に回帰する準備が進行しているようです。

これについては、はっきりとは断言しにくいのですが、

今、私が言えるのは、金を買われている方は金を売って銀に変えておいた方が、儲かりやすいということです。

そしてアメリカでは金と銀の価格が暴騰すると、「インフレだ」とか、「システムを混乱させている」と言われて、規制する動きが起こりそうです。

あとアメリカではそろそろこれが起こるようです。

 

ところでウクライナの件ですが、今月末までにウクライナ一部地域の編入は完了する見通しです。

これは今朝のエズラコーエンのメッセージです。

ロシアの大攻勢が始まっているのでしょうか?

これと同時にヨーロッパの経済はものすごいスピードで崩壊しています。ポンドの下落が止まりません。

恐らくロシアはウクライナの戦争に勝つだけでなく、EUとNATOの解体まで視野に入れているのでしょう。

ほぼすべての通貨は対米ドルで暴落していますが、ルーブルだけは対米ドルでも上昇しています。

メディアがロシアに関するウソを全開で垂れ流しても、これがすべてを物語っていると思います。

そして今月末と言えば、アメリカでは会計年度の終わりですが、次年度の予算の目途は立つのでしょうか?

遠隔透視家によると、予算が議会の承認を得られないという非常事態が起こるようです。

今月末は大混乱の様相ですね。

-マインド, マネー
-, , , , , , ,

© 2022 歴史上最大の経済危機を切り抜けよう!