マネー

次世代のアメリカドルの形なのかも、、

しばらく前に少しだけブログに書いたことがある内容です。

私は仮想通貨にあまり詳しいわけではありませんが、とは言え今の金融システムが崩壊した後残るのは何かと考えると、仮想通貨の存在は大きいと思います。

いろいろと調べて可能性があると思うものをいくつか買っていますが、その中にはベリタシアムというものがあります。

 

この仮想通貨はアメリカのSECで厳しい規制を受けているコインですが、日本では特許を認められています。

開発者は詐欺を行ったとして告発され、多額の罰金を支払うとともに、活動を制限されています。

Reggie Middleton Reaches $9.5 Million SEC Settlement Over Alleged ICO Fraud

これがアメリカで特許が認められたという報道がありました。

アメリカ政府から厳しい規制を受けている背景には、この開発者の技術が米ドルのポジションを脅かしかねないという思惑が働いていたと言われています。

これはアメリカ政府のこれまでのスタンスを覆すもので、逆にこの開発者の助けが必要になると考えを変えたことを意味するのかもしれません。

アメリカで特許が認められたというニュースが流れてから、価格が暴騰しています。

これはクリフハイの予測ですが、今アメリカはデジタルドルの開発を急いで進めているわけですが、その際には何かの技術が必要なわけですが、

ベリタシアムの技術を使って、金あるいは銀の現物の裏付けをするようになるのではと述べていました。

一部ではHBARという声もありましたが、どうやらベリタシアムなのかもしれませんね。

 

持っていない人は少しだけ買っておくと良いかもしれませんよ。

購入方法と購入場所Veritaseum ( VERI )–簡単なステップバイステップガイド

-マネー
-, , , , ,

© 2022 歴史上最大の経済危機を切り抜けよう!