マネー

米連邦準備制度(FRB)の崩壊に関するクリフハイの予測

先日、クリフハイが中国がベイルインを行い、戦車を預金者対策に使用したことで、同様のことが数週間以内にアメリカで起こる可能性を指摘しました。

中国では預金封鎖がしばらく前から起こっていましたが、今回は公式に預金は"銀行へ投資"であるので、引き出せないとしました。

(どうやら預金封鎖と軍隊の出動がデータの中にあるようです)

 

この背後にあるのは、WEFの資金難のようで、それを示す兆候が複数表れています。

まず共産党への資金供給がすでに止まっているようです。

そしてBLMへの資金供給も止まったようで、今は参加者からお金を徴収し始めているようです。

子供に「トレーニング」を施すとして、参加費の徴収を始めました。

かつては豊富な資金源を持ち、参加するとお金がもらえるシステムでしたが、すでに終わったとのことです。

人身売買と麻薬売買が摘発され、資金源が干上がりかけていることが主な理由のようです。

An 8-year-old boy organized a Black Lives Matter march for kids. Hundreds showed up.

 

話の内容を総合すると、数週間以内にアメリカでも金融封鎖が起こる可能性を指摘していました。

(明言はしていませんでしたが、話の流れからそれを予期していると思います。)

そしてその後に早ければ数週間、長くても数か月でアメリカ政府は中国同様、軍隊を出動させるか、同様の手段に訴えると述べていました。

守るのはFRB関連の建物と関連した銀行とのことです。

預金封鎖のため怒った民衆がFRBに押し寄せると考えているようで、WEFは自らの資産を守るために実力行使に出るとのことです。

そしてFRBの建物を守るために軍隊が出動してから4か月程度で、今のFRBが発行した米ドルを人々は使用しなくなるそうです。

例えば、数週間以内に金融封鎖が発生し、FRB関連の建物保護のために軍隊が出動するのが10月だとすると、来年の2月頃には人々は今の米ドルを使用しないことを決定するようです。

この間に新たなドルを発行したり、新たな理事が任命されたりする可能性がありそうですが、金と銀本位制の新たなシステムに移行することを選択することにより、人類はWEFからの自由を獲得できるとのことです。

(現在のFRB発行のドルが終わり、新たなドルへと移行するとのことです。)

 

ところで少し前からFRBの本部の周囲には高いフェンスが張り巡らさせていることが報告されています。

もうこの動きを予期していることは間違いなさそうです。

-マネー
-, , , , , ,

© 2022 歴史上最大の経済危機を切り抜けよう!