マネー

エンドゲームも大詰め

エンドゲームも終盤に差し掛かりつつあります。

世界中で巨大に膨れ上がった債務のバブルが崩壊しかけています。

昨日、国債の件を書きましたが米国債の利回りが上がっています。

これまで米国債といえば、最良の資産と考えられていましたが、今は資金流出が始まっています。

 

今特に気を付けるべきこと。それはカウンターパーティーリスクです。

例えば、金と銀の場合はETFだったり、仮想通貨の場合は取引所であったり、預金の場合は銀行口座であったりします。

第三者にあなたの資産を預けてはいけません。必ず自分の手元に置いておいてください。

これは株式についても同じです、取引所が閉鎖される可能性もありますし株を持っていたとしても大暴落すると思われます。

80%-90%下落する可能性もありそうです。

システムが崩壊した後に、まだ取引所が開いていればその時に株を買えるかもしれません。

 

今朝、エズラコーエンは近々、銀行の取り付けパニックが起こること、そして大恐慌発生による経済ハルマゲドンが起こると警告していました。

 

仮想通貨は大暴落していますので、今買い増しして半年くらいは忘れるのが賢いやり方かもしれません。

まだまだ下がるとは思いますが、どこまで下がるのかは誰にもわかりません。

そして一番下がるときにはもう買えなくなっている可能性も指摘されています。

一番安く買おうとしてタイミングを計るよりも、買えるときに買う方がよいのかもしれません。

私は今週は仮想通貨と銀の買い増しをする予定です。

 

債務のバブルが崩壊する時、暴落するのは借金で膨れ上がった資産です。

その代表格は株式、国債と不動産だと思われます。そして現金も残念ながら国家に対する借金証書に過ぎません。

債務バブルが始めるとき、暴落する資産から資金が一気に流出して、仮想通貨と貴金属に流入します。

しかし問題は金は大量にありますが、銀は入手困難だということです。つまり銀の価格は一気に暴騰する可能性が高いということです。

今、銀の現物と仮想通貨を購入する人は、システム崩壊後に一気に大金持ちになると思います。

先日、ウォーレンバフェットが10億オンスの銀現物を購入したことは、ブログに書きました。

 

準備があらかた整っている人たちには、システム崩壊後に大きなチャンスが来ることになります。

残念ながらほとんどの人は貯金、年金そして資産のほとんどを失います。

準備ができている人たちにとっては叩き売られる資産を、激安で購入する大チャンスともなります。

私はリーマンショックの後にアメリカで不動産を80%-90%引きで購入しました。恐らく今回はそれを上回ると思われます。

 

6/26(日)の再度、お茶会を開催しようと考えています。近日中に告知いたします。

先月は日程が合わず参加できない方が数名いらっしゃいました。

募集人数は5名を考えていますので、希望される方はお早めにお申し込みください。

-マネー
-, , , , , , ,

© 2022 歴史上最大の経済危機を切り抜けよう!