アメリカ不動産情報

2021年、アメリカ不動産のチャンスはどこに?

今年一年、本当にいろいろなことが起こりました。

コロナが発生してから、それがどのように世界中に波及していくのか、実際にはまだ波及している最中なのですが、来年の展開が何となく想像できる時期になってきたと思います。

私はアメリカの不動産を中心に投資をしようと考えていますし、やはり最大のチャンスはアメリカにあると考えています。

細かく見ていくと、ヨーロッパにも面白そうなチャンスがありますが、やはり本命はアメリカです。

今でもこんなに混乱していて、年明け以降、内戦が勃発するかもしれないのにどうしてと思われるかもしれません。

しかし、投資というのは価値が過小評価される資産を買い、それを後で高く売るのが基本です。

今は、すべてがバブルです。

株にしても、不動産にしても債権にしてもバブルですが、調整が入る日も近いと思います。

特に不動産はそろそろ下落に転じていくと思います。

戦争、経済危機等の時期は、資産を買う最高のチャンスになります。

 

不動産の話に戻りますが、価格が暴落するのは商業物件です。

もちろん居住用の不動産も下落しますが、今は特に中小規模の企業が倒産することにより、オフィスと小売店舗の価格が暴落するのは間違いないと考えられています。

そして、旅行業の低迷によりホテルも格安で大量に売りに出ます。レストランも同様です。

 

これら商業不動産の価格は下がるので、チャンスにはなるのですが、問題もあります。

それはそのまま買って、賃貸に出そうとしても借り手が見つかりにくく、空室リスクがあるということです。

やり方としては、例えば安いホテルを買い、アパートに改装して、賃貸経営するというのは方法としては良いと思います。

特に、今は多くの人がダウンサイズを余儀なくされていて、小さくて安い物件へ引っ越しする例が多く、ホテルをアパートに改装するというのは、

非常に良い投資になると思います。

 

ホテルを買うというと、初期金額が多額で、手が出ないと考える方も多いのですが、そんなことはありません。

もちろん数百万円で買えるわけではありませんが、ユニット当たりの価格で換算すると、100万円くらいで買える場合もあります。

例えば、今朝来ていた物件ですが、ユニット当たりの価格が$8000くらいのものがそれなりにありました。

 

しかし、実際には買った後に用途変更の申請をしたり、修理が必要なので、もう少しお金がかかるわけですが、それでも元の価格を考えるとかなりの激安価格になります。

今朝私が見ていた物件は、恐らく70%-80%引きくらいの価格だと思います。

購入して、それなりのリターンを得つつ、マーケットが回復したらホテルに戻して、ハイリターンを狙ったり売却して、キャピタルを得ることを狙うことも可能でしょう。

現地で融資を引きつつ、こういう投資に取り組みたいと考えているところです。

-アメリカ不動産情報
-, , ,

© 2021 アメリカ不動産でBe Rich!