マインド

彼らが必死に攻撃する理由とは?

最近はクリントン、ビルゲイツ、その他の勢力が寄ってたかってイーロンマスクを袋叩きにしています。

クリントンは暗殺するとツイッター上で脅迫したり、ビルゲイツはテスラ社の乗っ取りを図っているようです。

ツイッター買収が明らかになると突然、SECの捜査の対象になったり、CIAに監視されたりしています。

その理由は非常に簡単です。

それは彼が以上に言論統制を敷いているツイッターで、言論の自由を取り戻そうとしているからです。

命の危険を感じているようで、「変な死に方をしたら察してほしい」といったツイートをしたり、

今朝は「自由を守るために命を落とした人々のことを思い出す」と述べていて、かなり危険な状況なのかもしれません。

どうしてツイッター上で言論の自由を取り戻すことが、そこまで大問題になるのかがよく理解しにくいと思う人もいると思います。

そしてそれはグローバルエリートたちの成り立ちと深く関係があります。

グローバルエリートたちの組織は秘密結社で成り立っているといわれています。

フリーメイソンやイルミナティ、そして宗教組織もある意味で内部の秘密が守られています。

彼らは自らの富と秘密を守るために、同族結婚を繰り返しています。

そして彼らは自分たちの本当の正体を隠すために、隠れ蓑を使います。それらは例えば、WEFであったり、WHOであったりというわけです。

彼らは秘密を守ることで成り立っているのですが、秘密が白日にさらされるということは、言い換えれば彼らの組織崩壊を意味するわけです。

ということでも今イーロンマスクがやっていることは、グローバルエリートたちの急所を攻撃するための準備を整えていることになるわけです。

ですからクリントン、オバマ、ビルゲイツたちはある意味、パニックになってあらゆる手段を用いてイーロンマスクを攻撃しているわけです。

 

グローバルエリートたちとの戦争は、人々が今は戦時中であることそして彼らの正体と悪事を認識するだけで勝てると思います。

そして今、彼らの悪事、人類の本当の歴史そして隠された科学技術に人々が気付き始めています。

ネット上やツイッター上で情報を拡散することは、非常に意味があるということになります。

-マインド
-, , , , , ,

© 2022 歴史上最大の経済危機を切り抜けよう!