マインド

Unobtanium(入手不可能なモノ)をめぐる物事の進展

クリフハイが開発したWebBotのデータは、一貫して新たな"お金"の出現を予測してきました。

それはビットコインが出現する前から、仮想通貨の特徴を指摘するデータがあり、その後にビットコインが登場しました。

データセットによると、新たなお金の出現が起こるのと同じ時期に、世界が大変革を遂げることを指し示すデータがあるそうです。

新たなお金を使用する新たな金融システムの出現を予測しています。

この新たな金融システムのデータセットの中では、政府による"3つの申し出"があることが指摘されています。

そしてこのデータセットをさらに分析していくと、世界の権力者たちが"パニックに陥り" 、また"死に物狂いになる"ことが指摘されています。

データによると、彼らが死に物狂いになる理由は、常に"新たなお金"にまつわるもので、彼らはそれをコントロールすることができません。

 

データで描かれている世界の権力者のお金のまつわる問題は、現在起こっているように思われます。

データセットから読み取れるシナリオとしては、最初に権力者たちは人々に対し、権力者たちが作り出す新たな"金融システム"を人々に提示する、あるいは受け入れるように命令するようで、この彼らの金融システムの説明に関するデータとしては、お金そのものではなく、システムの所有権を意味するものです。

人々に対し、彼らの新たな金融システムを使うようにという命令は"無視される"ことになります。これは恐らくグレートリセットのことを示していると思われます。支配者層は人々を騙して、このシステムに引きずり込めると考えますが、うまくいきません。

データによると、この新たな金融システムの導入は三度"提示"されますが、すべて拒絶されます。

そして最初の提示と拒絶には三年間かかり、それに続く二度の提示と拒絶は数週間と言った短期間の間に行われます。

 

これらのデータはちょうど、今の状況をよく表しているように思えます。

これからカザールマフィアを代表する各国政治家と中央銀行から、今の金融システムの"代替品"の提示が二度、そして短い期間の間行われ、それはかなり雑な仕方でおこなわれると思われます。

そして人々は、それをあざ笑いながら退けることになります。

その後、状況は非常に悪化します。データによると中央銀行は死にゆく通貨を、"洪水"のように大量に発行することになり、これは世界中で深刻な問題を引き起こすことになります。(←今はココ)

そしてこれは人々が"狂ったように"急いで、しかも一気に今の金融システムから逃げだすよう"駆り立てる"ものとなります。

古いシステムが崩壊する期間中、モノの価値の変動は極限に達し、新たなお金の説明する言葉として"Unobtanium(入手不可能なモノ)"という言葉が出現します。

Unobtaniumが出現する期間中、ビットコインの価格は一日に$1000上昇します。そしてこれと同じ期間中、銀の価格は急上昇します。

最初は1日に$1上がり、その後は1日に$5、そして1日に$20といった仕方で上昇していきます。

そして非常に入手することが難しくなります。(現在はそれに近い状態です)

 

これが起こる時、世界的な規模で人類のあり方そのものが大きく変わることも予測されています。

それはカザールマフィア(グローバルエリート)の滅亡と、人類の隷属状態からの解放だと思われます。

そして人類の本当の歴史の"解放"が様々な形で起こります。そしてそれは人類が南極という存在に注意を向けるさせるものとなります。

(WEFのクラウスシュワブやケリー元国務長官が南極を訪れたのは、そこに特別な何かがあるからです。)

宇宙人の出現は夏の終わりごろだとも予測されています。

 

2022年はUnobtaniumの突入する年ということのようですね。

-マインド
-, , , , , , ,

© 2022 歴史上最大の経済危機を切り抜けよう!