マインド

南極での会議??

どうやら南極で重要な会議があるようです。

判明しているだけで悪名高いWEFのクラウス シュワブ、IMFのトップ、クリスティーナ ラガード、その他仮想通貨の専門家数人が南極での会議に参加することがわかっています。

彼らは自らのツイッターで、南極に行くことを明らかにしています。

わざわざそんなところまで出かけていくには、それなりの理由があるのでしょう。

WEFのトップとIMFのトップ、そしてその他経済関連の人たちが集まることから、グローバリストたちが考える次世代の通貨についての会議だと想像されますが、

それだけでなく、今起こっているエプスタイン関連の問題も話し合っていることでしょう。

 

これと同じタイミングで、昨日IMFはFRBに対して、インフレが進んでいるので金融引き締めを早期に実施するように勧めました。

言い換えれば、マーケットを暴落させなさい、という指示ですね。

最近、大企業のCEOたちが大量に株を処分していることは、無関係ではないのかもしれませんね。

経済と通貨を崩壊させて、人々の注意を逸らす目的があるのかもしれません。

 

ただここで疑問なのは、なぜ南極なのかということでしょう。

南極に関しては、様々な推測があります。

 

例えば、2016年にトランプが大統領選に勝利しましたが、その大統領選の当日に国務長官であったジョン ケリーは南極を訪問していました。

ですが、ただの訪問ではなく重要な行われたと言われています。そして彼は南極訪問後に、ローマ法王と面会しています。

John Kerry lands in Antarctica, highest U.S. official to visit

 

その後、イギリスのメディアはジョン ケリーが南極で"ナチスのUFO基地を調べた"という意見を陰謀論として取り上げています。

第二次大戦前に、ナチスとエイリアンがUFO基地を作ったという意見を陰謀論として一蹴しています。

SHOCK CLAIM: John Kerry ‘visited Antarctica to examine secret Nazi UFO base’

Is there a PYRAMID in the Antarctic? Bizarre theory claims an alien base is hidden in a huge triangular structure

 

ただ南極には人工的な建造物が複数あることは確認されています。

There is a Mysterious Structure in Antarctica And Some Think It’s a Massive Building

恐らく人類から隠された何かがあることだけは間違いなさそうです。

-マインド
-, , , , ,

© 2022 歴史上最大の経済危機を切り抜けよう!