アメリカ不動産情報

鉱山を丸ごと購入?

金と銀の投資は今の時代には、重要度が高いのですが、投資法は実に様々です。

私を含め、ほとんどの人は金と銀の現物を購入する、あるいは鉱山系の株式を購入するのが普通です。

 

しかし、これ以外にも投資法があります。

それは鉱山を丸ごと買ってしまう、あるいはJVとして会社の権利を購入してしまうという方法もあります。

鉱山丸ごとというと、値が張るので手か出ないと思う人も多いもしれませんが、実はそんなにことはありません。

もちろん高いものも多いのですが、意外と格安のものもあります。

100万円程度のものもありますが、数千万円程度のものもあります。

 

例えば、安いものですとこんなものが見つかりました。

 

ただ埋蔵量等の詳細が判明している鉱山だと、安くても300-500万円以上のようです。

銀90万オンスの埋蔵量がある鉱山が400万で売られていたり、260万オンスの埋蔵量の鉱山が850万で売られていました。

現金の価値が急速に減少している今の世の中で、ランドバンキングの代わりに鉱山を買ってホールドするのも良いかもと思って調べ始めています。

-アメリカ不動産情報
-, ,

© 2022 歴史上最大の経済危機を切り抜けよう!