マネー

ジャンクシルバー?

また金銀比価が開き、銀の絶好の購入のタイミングが来ています。

今は75:1くらいで、歴史的に見てもかなりの低価格と言えそうです。

そして私は金を売って銀を買う人も多いようです。いずれのにしても銀現物購入の良いタイミングだと思います。

 

私もそうですが、ほとんどの人がコインを買っているのではないかと思います。

アメリカンイーグルは永遠の定番ですし、カナディアンメープルやカンガルーコインは銀の純度が一番高いコインとして知られています。

99.99%だったと思います。

 

投資家が見過ごしがちなのが、いわゆるジャンクシルバーと呼ばれるものです。

1964年より以前に鋳造されたもので、銀の純度が90%のものや40%ものもあります。

そして種類としては、10セント(Dime)、25セント(クォーター)、そして50セント(ハーフダラー)と呼ばれるものがあります。

 

銀の純度が低めなのと、中には程度の悪いものもあるので、目が向きにくいのですが、メリットも多くあります。

まずは何と言っても価格が安いことです。

資金的に制約がある人は、選択肢の一つとして検討するのは良いと思います。

10ドル単位で買うと、バンクロールと呼ばれる紙にまかれている場合が多く、中には未使用のコインが入っている場合もよくあります。

そしてなんといっても、これらのコインは今でも実際に買い物に使用することができるというメリットもあります。

もちろん、今実際に使用すると額面の価格でしか使えないので、もったいないのですが、経済危機の先はその価値は額面を超えると思われます。

これは将来的な可能性の話になりますが、1964年より前のコインなので、時間が経つとアンティークコインになり価値が上がる可能性がありそうです。

私は経済崩壊後に、アメリカ国内で買い物に使用することを視野にこの手のコインを購入しています。

 

ということで、銀投資を考えている方は、この選択肢を一度検討されることをお勧めいたします。

 

-マネー
-, , , ,

© 2022 歴史上最大の経済危機を切り抜けよう!