マインド

通貨リセットにかかる時間

これは可能性として、一部の人たちが想定していることです。

過去を振り返ってみると、米ドルや日本円が事実上、死ぬときに、どのようなことが起こりうるのか想定されています。

 

次のシステムに移行するのは3年以上はかかるであろうと予想されています。

今後、各国の中央銀行が上限のない金融を行う結果として、購買力が急激に下落し、同時に国の債務が増えすぎることにより、米ドル、ユーロ、円を含む複数の通貨がリセットを強いられることになります。

今すでに各国の通貨の購買力は急速に下落し、インフレ傾向が強まってきています。

結果として、我々を襲うのはハイパーインフレです。

 

過去の例を振り返ると、通貨リセットの前には、6か月から12か月のハイパーインフレが起こっています。

つまりハイパーインフレが起こる結果として、政府は通貨のリセットを強いられるわけです。

しかし、問題はそれがすぐにうまくいくとは限らないという点です。

政府はハイパーインフレが起こってから、リセットを決めるのか、あらかじめ用意しているのかはケースバイケースですが、

最初のリセットは高い確率で失敗に終わるようです。

つまり、SDRを基軸通貨にするとか、デジタルドルやデジタル円を導入するというのは、うまくいかない可能性が高いと考えられているようです。

つまり、世界の支配層が考えるところの"グレート リセット"はうまくいかないと考えたほうがよさそうです。

 

仕方ないので、政府は次を急いで準備するわけですが、それには1年程度かかると思われます。

リセットは一度ではなく、2-3回行う結果となり、結局落ち着くまでには2-3年程度はかかるという見通しが出ています。

今年の後半にインフレが深刻化して、最初のリセットに向けて動き始めるとすると、次のシステムに移行できるのは早くて2024年ということになりそうです。

 

2021年の前半は、今後の生き残りを決めるうえで、非常に大切な時期と言えそうですね。

その間、世界は荒れますし、モノも手に入りにくくなりそうです。

-マインド
-, , , , ,

© 2021 アメリカ不動産でBe Rich!