アメリカ不動産情報

アメリカ住宅ローン滞納の最新データ

アメリカの政府系住宅ローンの滞納率が上昇を続けています。

これは初めて住宅を購入する時に多く使用される、どちらかというとクレジットスコアが低い人向けのローンです。

言い換えると、デフォルト率も高くなります。

全米では滞納率が17%を超え、30以上の都市圏では20%を超えています。

不動産価格が過熱する都市がある反面、価格の下落圧力が強まっている都市が増えています。

覚えておきたいのは、アメリカ不動産と一言で言っても、都市と街ごとに様相は異なり、一都市で価格が下落したから、全体が下落するということにはなりません。

暴落しそうな都市を狙うのか、それとも価格が上がるところに集中するのか、手法は様々だと思います。

しかし、全体的な流れを知るうえで、このデータは助けになると思います。

ランキングによると、アトランタ、ヒューストン、シカゴは滞納率が飛びぬけて高いですね。

FHA Mortgage Delinquencies Hit 17.5%. In 30 Metros, over 20%: On the Other Side of a Red-Hot Housing Market

 

こちらはすべてのデータです。

FHA-active-loans-with-delinquency-rate-by-MSA-through-2.28.21-and-FHA-Share-in-2019

 

今後、事態がどのように進展するのかは予測しにくいですが、政府の給付金がいつまで支払われるのか、

インフレがどれくらいのスピードで進むのかという要素に、不動産価格はかなりの影響を受けると思います。

今年の後半には、全体的に下落傾向がよくわかるようになると思いますが、それまでは高値圏でとどまる可能性が高そうです。

Americans' Income Collpsed By Most On Record In February

-アメリカ不動産情報
-,

© 2021 アメリカ不動産でBe Rich!