アメリカ不動産情報

POFとは?

POFとはアメリカの不動産用語ですが、Proof of Fundの略語です。

つまり、不動産を購入する資金があることの証明です。

 

不動産の買い付け用紙には、現金での買い付けなのか融資を引くのかということを示す箇所があります。

融資の場合、すでに金融機関が融資を承認しているという手紙(Pre approval letter)が添付される場合が多いです。

現金での買い付けの場合はPOFがついてくることが一般的ですが、ごくまれについてこない場合もあります。

 

先日あった例ですが、買い付け額が満額だったので、よく確認せずに買い付けを受け入れ、売買契約にサインしました。

しかしこの買い手は現金での購入とのことだったですが、買い付け用紙にはPOFが添付されていませんでした。

これは私のミスなのですが、現金での買い付けだったので、勝手に資金があると思い込んでいて、POFを要求しませんでした。

その後、この人は決済日を何度もずらしてほしいとお願いしてきたので、確認してみると、今自宅を売っていて、売れたらそのお金で私の物件を購入するつもりだというのです。

しかし、なかなか売れず、今価格を下げて売ろうとしているからもう少し待ってくれというのです。

お金の準備ができていないのに、家を買おうというわけです。

こういう買い付けはあてにならないので、断りを入れました。

 

ということで、物件を売却する時は、価格や条件だけでなく、買い手がお金を支払えるかどうかの確認をすべきだということです。

-アメリカ不動産情報
-,

© 2021 アメリカ不動産でBe Rich!