マインド

消えたF35、、そしてまたアメリカ政府閉鎖の危機が浮上。

アメリカではF35が消えたため、軍が情報を呼び掛けるという間抜けな事態が発生しています。

アメリカ政府がウクライナに送っている時代遅れのF16ではなく、最新鋭のF35が消えたことはかなりの衝撃のようです。

中国にハッキングされ、キューバ―に着陸したという情報もあれば、パイロットが脱出後に墜落したという噂もあります。

ある情報筋によるとこのF35にはDEWが搭載されており、あるアメリカ人(誰かな?)と都市を攻撃する命令が下されていたそうです。

しかしパイロットは命令に従うことを拒み、オートパイロットに設定した後に脱出したようです。

チャールストンの北に墜落したことが確認されたようです。

つまり偽旗事件を防止したために起こった事件だったというのが、真相のようです。このパイロットのおかけで多数の命が救われる結果となりました。

DEW搭載機を一機失ったことで、攻撃が激減することを願っています。

 

別の話です。

昨日アメリカ政府の負債が33兆ドルの大台に乗りました。3か月で1兆ドルの債務が増えたことになり、ペースが急加速しています。

2024年の予算を巡り両党の間で溝が深まっていることに加え、再び政府閉鎖の危機に面しています。

同時に債務市場の動きに大きな変動がみられるようになっており、金利が急騰しています。

イエレン財務長官は、「アメリカで景気が減速している兆候はない」という発言をしており、政府閉鎖に関する警告を発しました。

このまま行けば10/2前後に政府閉鎖になる見通しですが、様々な影響が考えられます。

閉鎖が起こると財務省は国債金利を支払うことができなくなる→米国債の格下げ、政府職員に給与が支払えなくなる、国定公園が閉鎖、空港が閉鎖、社会保障とメディケアの支払いが止まるといった広範な影響が及びます。

トランプ大統領はインタビューで、国を救うために閉鎖政府に賛成する考えを示しました。

これと関係があるかどうかは不明ですが、トランプ大統領の投稿が注目を集めています。

英語で「揺れるのでシートベルトを締めてください」という意味のBuckle upという言葉のスペル間違いがあり、代わりにBuckel upとなっています。

これはQの投稿と関係があり、一気に行動に移すタイミングに入ったと考える人もいます。

これから様々な面で大荒れになるのかもしれませんね。

 

-マインド
-, , , , , , ,

© 2023 歴史上最大の経済危機を切り抜けよう!