マインド

「惑星の破産」

私がいつもフォローしている遠隔透視家のグループがいるのですが、最近発表した予測が興味深いものでした。

それは惑星規模の破産が起こるというものです。

※ペンタゴンも採用している未来予測のプログラムとして採用されている遠隔透視の技術のことです。

 

最近の予測によると、地球という惑星全体が破産するそうです。

彼らの遠隔透視によると、地球のオーナーが存在し、計画をしているそうです。

今回はバブルが破裂するとか、特定の国家が破綻するのではなく、ありとあらゆるものが破壊されるそうです。

ほぼすべての通貨が崩壊し、同時に国家と企業が破綻するということのようです。

 

説明によるとアメリカは1999年にすでに20年前に破産したそうです。しかし新たなシステムに移行するために必要と考えられていた、高性能の携帯電話装置を開発する必要があったとのことです。

そして何とか時間を稼ぐため、金融緩和をしつつ延命してきたということのようです。

今回は人類文明が破産すること、そして次世代は仮想通貨になるということのようです。

もし今の金融システムが生き残れると今でも考える人がいるとすれば、幸運を祈ります、と述べていました。

 

この絵は遠隔透視家が見た近未来で、株式が紙切れになるか、預金が凍結されるといったトラブルのため会社が倒産に追い込まれる様子だそうです。

取締役たちは、突然の出来事に驚き、「そんなわけはない」とか、「だれの責任だ」と言った怒号があるかと思えば、ゴールデンパラシュートがなくなったと言って落胆する様子だそうです。

これを見る限りでは、株式市場の生き残りは難しいのかもしれません。

 

巷で言われている、"ソフトランディング"のシナリオや、"景気後退は短期間で終わる"というというシナリオは全くのウソです。

日本円はダメだから、ドルに換えれば安全だという話も全くのウソです。

世界中のほほすべての通貨、そしてそれに依存しているシステムが破壊されることになると思われます。

遠隔透視家たちは断言していませんでしたが、ボードゲームのように地球を見ている存在がいて、そろそろ終わりなので一度、チャラにしてもう一度最初からやり直すといった感じのようです。

金融システムのリセットが起こるくらいに考えていたり、そんなことは起こらないと考えていたりすると、大変な結果になる可能性があります。

 

経済システムの崩壊だけでなく、地震、津波、疫病その他、ありとあらゆるトラブルのため、人々の移動が激しくなること。

そして移動を考えると、仮想通貨を保有していることは、大きなメリットになることも指摘していました。

貴金属を持っての移動は大変ですが、仮想通貨だと非常に簡単で、パスワードだけ覚えておけば、ウォレットを復活させることも可能です。

 

まだ仮想通貨を買われていない方もいらっしゃると思いますが、どうせ円で持っていたとしても紙切れになってしまいますので、一部を仮想通貨に変えておかれるのは良い考えだと思います。(私の個人的な意見なので、買われる方は自己責任にてお願いいたします。)

-マインド

© 2022 歴史上最大の経済危機を切り抜けよう!