マインド

今年の夏に関するWebBotの予測

クリフ ハイの予測です。

具体的な日付は出できませんが、ざっとした見通しが示されていますので紹介します。

 

今年の夏に起こると思われる出来事は、WEF(クラウス シュワブのナチス大学)が関係するアメリカ大統領選挙に関するものです。

2020年の大統領選挙は不正があったというレベルの事件ではなく、明らかに盗まれたものです。

クラウス シュワブは一向に気に介さないと思いますが、アメリカに住んでいてWEFの何らかの役割を担っているすべての人たちには大きな影響を与えるものです。

それは彼らにとって刑事訴追が迫ってきていることを知らせるものとなります。

この出来事に関してWEBBOTに出てくる言葉の中には'、「死刑」、「銃殺刑」、「絞首刑」といったものがあり、人々の感情が高まることが指摘されています。

2020年の大統領選挙にWEFから関係者への資金提供があったことが判明するだけでなく、最近の食品工場で相次いでいる放火に「諜報員」が関係していることも判明します。

これらは国家安全保障上の危機ですが、こうした出来事は今年の後半で起こると予測される数々の秘密が明らかになることへとつながっていきます。

 

しかしこれらの出来事には代償があります。

しかし本当に考えるべき質問はそれらの代償をどのようにとらえるのかということです。

それはFRBが発行する米ドルの凋落かもしれませんし、その代わりにモノの価値を図る他の通貨の登場かもしれません。

これまでに何百年も続いてきた米ドルによる賄賂の支払いが止まる時に、何が起こるのか想像してみてください。

その時にはこれまで隠れされてきたありとあらゆる秘密や情報、写真が一気に暴露されることになるでしょう。

 

アメリカは再び立ち上がることになります。

失った文化を取り戻し復興に向かって進むことになり、本来のアメリカが戻ってきます。

この動きはアメリカの南部から起こり、地域ごとに特色が異なる「アメリカ共和国」を形成するものとなります。

新たに復興し、再び立ち上がったアメリカの誕生です。

ロシアの金本位制という強烈な打撃による致命傷を受け、死亡したFRB発行のドルの亡き後の廃墟から、アメリカは立ち上がることになります。

そしてペトルダラーは崩壊し、歴史の中に消え去ることになります。

 

予測によると、数々の変化は明らかにされる秘密によって引き起こされることになります。

-マインド
-, , , , , , , ,

© 2022 歴史上最大の経済危機を切り抜けよう!