マインド

年末年始の計画

報道では海外ではインフレが激化しているが、日本に来るのはこれからだという論調が多いようです。

しかし、そんなことはなくすでにかなりのスビートで始まっています。

そして最大の問題は米ドルの動向です。

米ドルは深刻なトラブルを抱えていて、本当の終末期にあります。

米ドルの購買力は発行以来、99%下落しましたが、それでも金融緩和を続けています。今流通しているドルの40%は過去12か月以内に発行されたと言われています。

1%しか残っていない価値をさらに薄めるしか方法はありません。

当然ですが、これまでは購買力の低下に気づかなかった人たちが、突然貴金属を買い始めたり、株式に投資を始めたりしています。

しかし、米ドルの崩壊はもうすぐそこですが、人々が通貨に対する信頼を失うときに日本円も紙切れ以下になります。

もちろんほかの通貨も同じ運命をたどります。

通貨はグローバリストの力の源泉となっていましたが、それも終わりを迎えようとしているというのは良いことです。

米ドルの崩壊は、グローバリストたちにとって力を失うことに加え、口止め料が支払えなくなることを意味するので、これまでの悪事が白日の下にさらされることを意味しています。

 

ところで年末年始の計画と言っても、私の計画ではありません。

今は戦時中で政府が自国民を虐殺するというタイプの戦争が進行中です。グローバリストたちは戦いで形勢が不利な状況にあり、必死に反撃を試みています。

12月から1月にかけて、様々なことが起こりそうです。

 

新しい変異種

しかし、これら関してはただの風邪程度の症状しか見られていないと報告されています。

体の痛みと疲労感が数日間続くそうです。

Omicron Is "Extremely Mild" Says Doctor Who First Discovered Strain; Numerous Mutations "Destabilize" The Virus

公表する数字よりも実際の接種率が大幅に低いため、さらなる恐怖をあおって接種に持ち込もうということのようです。

あとは天然痘の生物兵器の話も出始めています。

 

戦争の危機

銅やらロシアとNATOのウクライナを巡る戦争を起こして、人々の注意を逸らしたいようです。

何か都合が悪いことがあると、いつもロシアのせいにするという癖は治っていないようです。

「ロシア軍侵攻」可能性で緊迫 ウクライナ情勢めぐり

しかし、何から注意をそらしたいかというと、それはグレイン マックスウェルとエプスタインの人身売買と児童虐待のようです。

これはグローバリストたちがこれまで行ってきた悪事の中心にあるもので、これを隠ぺいするためならば何でも行うということのようです。

彼女の裁判と同時に、突然"危険な変異種"が出現したというのは、タイミングが良すぎですね。

 

食糧危機の創出

これはホロドモールと呼ばれるものですが、食料不足により大量虐殺を行うことです。

これに関連して、今は肥料高騰による食糧価格の高騰がさらに激化します。

日本にはどれくらい影響があるかどうかは分かりませんが、まだ余裕があるうちに、備蓄することをお勧めいたします。

 

クリフハイのデータセットによると、このままいけばグローバリストたちは敗北し、1/23-1/24くらいにトランプが復活する可能性があると述べていました。

トランプの指揮下にある米軍はまだ動いておらず、事態を自然に悪化させることにより、グローバリストたちの手先のあぶり出しと、一般人が目覚めるを促進しているそうです。

米軍は必要であれば動くと思われるそうですが、それなしでもグローバリストたちに対する戦いは勝利に終わると考えているようです。

そして米軍の核のフットボールはまだトランプが持っているそうです。

トランプ個人が人類を救ってくれるとは思いませんが、彼ら背後にいる人たちの計画は期待できるものがありそうです。

 

今年の年末年始は大変な時期になりそうですが、これを切り抜けられればその後は明るい未来が待っていると信じて、踏みとどまりたいものですね。

-マインド
-, , , , , , ,

© 2022 歴史上最大の経済危機を切り抜けよう!