マネー

仮想通貨に対する規制?

仮想通貨に対する規制を強める政府は増える傾向にあります。

少し前には中国が仮想通貨に対して、かなり強硬な方針を打ち出しました。

かなり前から規制をしていましたが、より一層強化したようです。

暗号資産採掘業者、相次ぎ中国事業を停止 規制強化受け

もちろん影響はありますが、賢い人たちは、取引の場を海外に移して、仮想通貨を持ち続けているようです。

 

アメリカはどうなるかというのは気になるところです。

今のところ、FRBの幹部からは、仮想通貨に対する規制を強化するという口先介入が相次いでいます。

Regulators in ‘sprint’ to crack down on cryptocurrencies, Fed official says

彼らの目的は一つです。国民の資産を米ドルのままにしておくこと。そして米ドルが死ぬときに、一般人が大損をすることです。

米ドルよりも価値があるものに人々が殺到するのは、困るわけです。

私が聞いている範囲だと、アメリカでは中国と同じことはできないだろうというのが、大方の意見のようです。

できたとしても口先介入と仮想通貨取引に対する増税程度だと見られています。

 

最近では、世界最大のファンドのオーナーであるレイダリオがビットコインは米国債よりも良いと発言し、自らもビットコインを持っていることを明らかにしました。

彼は半年前までは、仮想通貨に対して否定的なスタンスを取っていました。

著名投資家のレイ・ダリオ氏、ビットコインを保有していると発言

彼の発言はアメリカ政府が仮想通貨を規制できないということを見越してのことだと思います。

もしそうだとすると、今の下落相場は買いのタイミングということになります。

仮想通貨の最大の脅威は、政府からの規制です。しかし恐らくそれはうまくいかないでしょう。

しかし、見過ごしてはならないのは、彼はビットコインを「いくらか」持っていると述べていること、そして米国債と比較して「まし」だというスタンスですね。

日本語のメディアでは、レイダリオがビットコインを買ったと報道していますが、私は買ったものの、やや警戒感は残していると思います。

Ray Dalio: ‘I Have Some Bitcoin’

 

米ドルが崩壊する時、資金の逃避先というのは数えるほどしかありません。

金と銀、そして仮想通貨です。

米ドルが崩壊する時に、これまでに行った天文学的な額の金融緩和で生み出されたお金がこの3つの資産に流れ込みます。

もちろんコモデティにも行きますが、今のところお金としての健全な機能を持っているのはこの3つです。

(仮想通貨はお金であるかどうかについては、様々な議論がありますが、少なくとも米ドルよりはましでしょう)

 

私は今のところ、HBARとDASHを購入しています。

HBARはどちらかというと、CBDCに利用される傾向にあると思います。

もちろん利益は出るとは思いますが、既存の金融システムが嫌いで、そこから出たいと思う人にとって、HABRのコンセプトは受け入れられないものでしょう。

それに対しDASHはその対極にあります。いわばビットコインの改良版のようなポジションにあります。

読みが当たれば、DASHは次世代のビットコインとなるのかもしれません。

今、DASHはかなり下げています。今は買い時かもしれませんね。

-マネー
-, , , , ,

© 2021 アメリカ不動産でBe Rich!