マネー

日本円の価値が毎日減っている

最近、ビットコインを始めとする仮想通貨が大きく下げています。

中国でビットコインが禁止されたり、アメリカで脱税を厳しく取り締まり方針が明確になりました。通貨をめぐる戦争が起こっています。

今後の流れですが、もう少し下がるのではないかという見方が大勢のようです。

ビットコインは2万ドルくらいまでさがるのではないかとみられているようです。

しかしこれでビットコインは終わりになるのかというと、そんなことはありません。

大きく下げているこのタイミングで機関投資家は買いあさっていて、あるヘッジファンドは2万ドル近くまで落ちたら、全力で買いに行くと話していました。

ビットコインを規制しようとする動きと、それに逆行する動きが激しくせめぎあっていて、その中でも小規模の投資家を振り落とそうとする動きなどが入り混じっているのでしょう。

政府は完全に規制することは難しいでしょうし、一時的には価格は下落したとしても、また上がっていくのではないかと思われます。

こういう動きは、相場としては健全な証拠です。

私は個人的に仮想通貨を信じているわけではありませんが、ドルや円で持っているよりは安全だろうと考えています。

ビットコインは高いのと、攻撃の矢面に立たされるので、HBARとDASHが良いと思っています。

特にDASHは今後、大きく伸びると思います。

 

今のような経済になってしまうと、金と銀の現物を中心にして、少しだけ仮想通貨に資産を移しておくことは有益だと思います。

これはなぜかというと、円を含めすべての通貨の価値が毎日下がっているからです。

ドルと円、ユーロを比較してもそれはあまり気づきません。というのはそのすべてが下がっていて、そこに大差はないからです。

しかし、コモデティと比較すると、購買力は極端に落ちています。

恐ろしいのは額面が変わらないため、価値が落ちていることに気づきにくいということです。

 

今はまだあまり実感がない人が多いのですが、人々が目覚め始めると一気にお金が動き出し、お金をものに変える動きが強まります。

そうなると、モノの価格が短期間に上昇していきます。

普通、モノを必要になったときに買います。特にデフレの時であれば、いつ買っても値段が変わらないか、あとで買った方が安いと思っている限り、モノの価格は上がりません。

しかし、待てば待つほどモノの価格が上がっていくと人がいったん気づくと、買いだめをするようになり、価格の上昇に火が付きます。

実際には通貨の価値が下がっているのですが、人の目には価格が上がっていると映ります。

いわゆるハイパーインフレというやつです。そして各国の中央銀行はこのインフレに対して、有効な対抗策を持っていません。

ということで、まだ時間があるうちに、貴金属と仮想通貨に資産を変えておきつつ、日用品もある程度、買いだめしておいた方がよさそうですね。

 

-マネー
-, , , , ,

© 2021 アメリカ不動産でBe Rich!