マネー

健康被害とデフレ、そして磁石が腕にくっつく件

世界中でワクチン接種が進んでいますが、北米とオーストラリアでは特に進んでいるようです。

報告によると、1度目の接種ですぐに健康被害が出た人は10-18%、2目はもっと高く12-12%のようです。

仮にワクチン接種をした人のうち、少なく見積もって10%の人が長期的な健康被害、例えば突然の死亡や、突然意識を失うなどの健康被害を受けると仮定しても、経済に大きな影響が出そうです。

当然ですが、健康被害により死亡したり、消費しなくなると、モノの値段は下がります。

10%というのは仮定としては少なく見積もった話ですが、接種する人がもっと増え、そして健康被害のもっと高ければ、強いデフレ圧力となりそうです。

もちろん全体としては、インフレ傾向なのですが、このワクチンにより今年の夏以降に、デフレサイクルになる可能性が出てきたようです。

そして健康被害が表面化するにつれて、デフレが深刻化することになりそうです。

多くの人がこれからハイパーインフレに突入すると予測していますが、その前に、一時的にはデフレになると思っていた方がよさそうです。

不動産はこのタイミングで、かなり下がるかもしれません。

 

今、アメリカではオイルのパイプラインにサイバーアタックがあり、ややパニックになりつつあるようですが、

もしかしたらこれはバクシデント(ワクチン接種者によるアクシデント)かもしれませんね。

 

ここ数日の間にワクチンを接種した人の腕に磁石が張り付くという現象が起こっているようで、それと関連してかは不明ですが、

病院でMRIを断られたという話が出始めています。

今後、この現象が解明されていくと思いますが、いずれにしても良い話ではないと思います。

 

 

株の話です、投資になる対象がほとんどないので、株を買い進めています。

不動産は売るのであればよいのですが、投資のタイミングとしてはもう少し先になると思います。

最近、ポジションを増やしたり、新たにポジションを取った銘柄です。短期的にはボラリティが高そうですが私は気にせずに放置する予定です。

短期的な値動きが気になる人は、買われない方が良いと思います。

基本的には金、銀、銅銘柄が多いですが、それ以外のものもあります。

おススメしたいわけではありませんが、興味のある方は、調べられてみてくださいね。

 

1.Kinross Gold (NYSE: KGC)
2.Yamana Gold (NYSE: AUY)
3.Barrick Gold (NYSE: GOLD)
4.Kirkland Lake Gold (NYSE: KL)
5.Newmont Corp. (NYSE: NEM)
6.Alamos Gold (NYSE: AGI)
7.U.S. Global Investors (NASDAQ: GROW)
8.Freeport-McMoRan (NYSE: FCX)
9.CME Group (NASDAQ: CME)
10. Edgewell Personal Care (NYSE: EPC)

-マネー
-, , , ,

© 2021 アメリカ不動産でBe Rich!