マインド

「醜悪」な期間の始まりと中央銀行の死、そして「大掃除」の期間へ

この件の追加です。

"非常に醜悪なもの"

クリフハイによると、数日前にこの時期に突入したそうです。この期間の始まりとなるのはこの出来事だそうです。

ペロシ米下院議長宅で夫襲撃の男、殺人未遂や誘拐未遂で訴追

ほとんどの報道がトランプ支持者が起こした事件といった扱いになっていますが、一部のメディアはゲイパーティーの途中で、ケンカになったと報道しています。

 

この時期に突入したとのことですが、来年の6月-7月まで醜悪なものが晒される時期が継続する見込みとのことです。(時期をやや修正しました)

この時期に起こることですが、通貨の崩壊とFRBの崩壊が起こり始めるとのことあるそうです。

今の推測によると今月の後半から来月の前半くらいからハイパーインフレが本格化し、5か月程度継続する見通しだとのこと。

クリフハイによると、ゲイや性転換といったことが公になるのは、通貨崩壊の特徴だとのことです。

あとファンタジーのような話が広く流布するのも、通貨崩壊の特徴だそうです。(タイムトラベル、銀河連合、QFSといった類の話)

 

FRBと各国の中央銀行崩壊の影響に関しては、経済面もそうですが社会そのものに大きな影響を与えるそうです。

根拠となるデータはないのと、物事の進展によりどこでどのような影響ができるのかは推測しかできないそうですが、中央銀行から直接の資金提供を受けている政府機関は真っ先に機能不全になるそうです。(IRS、CIA、EIA)

そして数年以内に学校で子供たちは邪悪なカザール人について学ぶことになると思われます。

クリフハイは中間選挙結果が米軍により監査され、結果とした裁判官を含む大量逮捕と裁判が行われると予測しているようですが、その出来事が起こってから比較的短期間の間に、中央銀行の崩壊が始まると予測しているようでした。

(以前に11/13前後から年末にかけて緊張が続く期間に入るとしていましたが、このことと関係がありそうです。)

ソビエト連邦が崩壊した時に起こったのに類似した状況も想定されるそうです。

例えば、政府職員が職務上知りえた情報をお金に換えて生き残ろうとするため、大量の情報が一気に表面化するという現象も起こりえるそうです。

この時に政府が隠してきた新たなテクノロジー、例えばフリーエネルギーなどに関する情報が流出し、回復に弾みをつけることになります。

そして回復への一環として、文化を破壊し性倒錯を特徴とするカザール人を取り除こうする動きが本格化するそうです。(10-20年かかる)

 

中央銀行の崩壊とともに、脅迫と殺害等で社会を抑え込んできた力が一気になくなるのと同時に、

これまでは賄賂を受け取る側にいた人たちがカザール人たちとの関係を清算する動きに出るということも予測されるそうです。

ペトロダラー崩壊後、アメリカでは新たなドルに回帰しますが、金と銀が通貨として使用されるようになります。

(米国鋳造所は次世代のドルとして使用される硬貨を大量に製造しているフシがあります。)

仮想通貨に関しては、FRBとの関連が強い通貨は使用できなくなる可能性があります。

これらのプロセスは麻薬を使用する時の、突然の高揚感のように特異でしかも突然な体験となるそうです。

 

以上は年末から来年にかけてのクリフハイの予測になります。

ほかにもいろいろと語っていましたが、まとめきれないので機会があれば追加で書きたいと思います。

-マインド
-, , , , , , , ,

© 2022 歴史上最大の経済危機を切り抜けよう!