マネー

ビットコインの急落で思うこと

ビットコインの急落で損失を出した人は多かったようです。

JPモルガンはビットコインが$146000まで上がるという超強気の見通しを発表したその裏で、クライアントたちは手じまいを勧めていたようです。

JPMorgan says bitcoin could rise to $146,000 long term as it competes with gold

銀行なんてこんなものですね。急落させておいて、買い戻しているかもしれませんね。

JPモルガンはビットコインの価格見通しは発表するのに、ゴールドとシルバーについては言及しないところに、意図が見え隠れする気がします。

本命は間違いなくゴールドとシルバーです。

 

やられたなと思っていたら、こんな報道がありました。

暗号資産への投資、「全ての資金失う」覚悟を-英金融当局が警告

 

確かに、ビットコインは発行枚数が限られていて、金融システムからは切り離されているというメリットはあるものの、やはり最大の弱点はそのまま残っているように思います。

裏付けがないこと、そして政府の規制にはなすすべがなく、マーケットが小さいがゆえのボラリティの高さが最大の弱点です。

 

ビットコインを勧める人は本当に多く、実際に利益を出すことも多いことはわかります。

しかし、逃げ遅れると価値はゼロになる可能性は常にあり、それはなんといっても現物資産でないことにつきます。

 

これから経済と政治が混乱すると、またビットコイン価格は上がっていくと思います。しかし、同時に仕手株のような様相を呈し、何かのことで一般投資家は梯子を外されることになるのは避けられないと思います。

個人的にはビットコインで利益が出ている人は、いったん利確して、その分は現物資産にしておいた方が良いのではないかと思います。

投資というのは、生き残れればまた次があります。 大勝ちする必要はありません。

 

こんなことを言うと古いと思われるかもしれませんが、これまでに数々の投資の失敗をしてきた過去を振り返ってみると、仮想通貨にはどうしても違和感が付きまとうのです。

これはピーターシフの意見。 ビットコインの価値はゼロ。人々がそれに気づいた時にはもう手遅れ。

そして、ビットコインは株、不動産、ゴールドに比べると何の価値もなく、メリットもゼロで何の役にも立たないそうです。

私の予想も彼と同じで、最後にはビットコインの価格はゼロになるのではないかと思っています。

 

今週買った金鉱株は以下の会社。

Alamos Gold(AGI) これはポジションを増やしました。

Kinross Gold(KGC)] 

勧めるわけではありませんが、参考にしてください。

-マネー
-, ,

© 2021 アメリカ不動産でBe Rich!