トラベル

食べ物に困る人が増えている

ラスベガスはホームレスが多いところです。

昨日も夕食のテイクアウトを買って、店から出てくる時に若い女性から話しかけられました。

見た感じホームレスには見えなかったのですが、「食べるものがなくて、困っているから助けてほしい」というのです。

普通の格好をしていたので、恐らく最近失業したのでしょう。

ラスベガスは失業者が本当に多いところです。

 

最近、特に食べるものに困りフードバンクに頼る人の数が増えているようです。ラスベガスだけではありません。

感謝祭を前に家族に食べ物を準備できないのでしょう。

フードバンクで食料をもらうために並ぶ列の写真があちこちでニュースになっています。

 

今でもすでにかなりひどいと思うのですが、今後、政府からのお金がもらえなくなり、そしてインフレがさらに進むと、困る人の数はもっと増え続けていくと思います。

今は2回目のロックダウンも始まりましたし、経済的にダメージはすでに壊滅的だと思います。

あちこちで見かけるホームレスを見るたびに思うのが、ほとんどが少し前までは普通の家に住み、仕事もあり普通の生活をしていた人たちだということ。

将来を見通すのが本当に難しい時代になりました。

 

-トラベル
-, ,

© 2021 アメリカ不動産でBe Rich!