マインド

老後は貯金額よりキャッシュフローが大切

少し前から老後の2000万円問題が騒がれています。

私はだだ単にお金を貯金して、2000万円あればよいとはおもっていません。

それはなぜかというと、毎月貯金を切り崩す生活というのは、ストレスが溜まるもので、精神衛生的によくないからです。

 例えば、貯金は少なくても毎月30万円のキャッシュフローが出る不動産があれば、少し大きな出費、例えば海外旅行に行ったとしても大した問題ではありません。

来月、また家賃が入るから大丈夫」と考えられ、すぐにリカバリーもできるものです。あと長期的な計画も立てやすいのでメリットがあります。

しかし、定年時に数千万円貯めたとしても、キャッシュフローがないと時事今日は少し違います。

毎月入るキャッシュフローがないと思い切ってお金を使って、人生を楽しめないものなのです。

ためたお金は少しずつ目減りしていき、長生きしたらどうしようなどと考えると、旅行に行ったり、外食をしたりして楽しく暮らせなくなるものなのです。

 

ですから、老後が心配な人は、貯金を増やすことよりも、キャッシュフローを増やす方法を考えるべきなのです。

いくら銀行にあるのかというも大切ですが、毎月いくら入ってくるのかというのキャッシュフローを増やすのはもっと重要です。

キャッシュフローを生む投資としては、不動産投資をしてみるというのはアリだと思います。家賃がきちんと入り続けるのならば、不動産価格が多少下がったとしても、気にする必要はありません。あとは太陽光発電もよい投資と言えると思います。

 その反対におススメできないのは投資信託です。目減りする可能性が大で、運用の中身がよく見えなかったりしますし、しかも投資家として経験も積めません。

 すでに述べた通り、投資の大半ではキャッシュフローを主眼に置くべきですが、もう一つの方法もあります。それは大きなヤマを当てる方法です。

-マインド
-, , ,

© 2021 アメリカ不動産でBe Rich!