マインド

"The Storm is upon us" .....

クリフハイは6/12(と13)に何かが起こると予測していました。

話の流れからすると経済と政治の問題の両方が発生することを暗示していましたが、経済問題に重点を置いている印象を受けました。

トランプ大統領の起訴についてはいろいろと報道されていますが、それ以外にも関係がありそうなものを下に列挙したいと思います。

 

昨晩、エズラコーエンがいくつかのメッセージを出していました。

まずはこちら。

バイデンが歯の根幹治療を受けるため、カマラハリスが大統領の予定を引き継ぐという報道を引用し、「サーカスが始まる24時間前」とコメントしています。

バイデンは入れ歯だらけで、話している途中に何度も入れ歯が外れている様子が目撃されていますが、なぜ突然根幹治療になったのでしょうかね?

大統領職を放り出すほど、根幹治療が緊急性の高いものなのでしょうか?

 

そして有名なトランプ大統領の"The storm is upon us" (嵐がやってきた)という動画を引用し、「24時間」と書いています。

The Storm is upon us

トランプ大統領は火曜日の夜に、アメリカ国民全員に対して声明を発表することになっています。

ここでついに"アメリカ国民の皆さん、嵐がやってきました"という宣言をするのでしょうか?  

これ以外にエズラコーエンは、インフラ(?)が停止(サイバー攻撃か?)することを暗示しています。(クリフハイは独立記念日前後に起こると予測しています。)

トランプ大統領本人はTS(トゥルースソーシャル)の中で、このように述べています。

「私は本物の特別"検察官"を任命して、アメリカ史上最も腐敗した大統領であるジョーバイデンとバイデン一家、そして選挙と国境と国家自体を破壊した人々全員を追い詰める」と宣言しています。

"検察官"とはいったい誰なのでしょうか?

この投稿の最初でトランプ大統領は「"シール"(封印)は破られた」と書いています。

これは海軍特殊部隊のシールズが出動していることを暗示しているのでしょうか? 興味深い投稿です。

この後にトランプ大統領はこの動画を引用しています。

我々は"古代からの番人"の破壊を目撃している(Old Guard)、という動画ですが、その中では日本を含む世界中の国家だけでなく、バチカンやエリザベス女王やチャールズ皇太子(国王)、そしてワシントンDCの"スワンプ"までもが、トランプ大統領の服従したとなっています。

この動画の最後は有名な言葉で締めくくられています。

"The best is yet to come" (最高の時代はこれからやってくる)

"where we go one we go all"(我々が一つになれる場所に、我々は進んでいく)

巷の噂ですが、最近トランプ大統領が南極を訪問したという話があります。敵将との話はついたのでしょうか?

数日前にトランプ大統領は、2025年にアメリカは建国250年を迎えることに関連して、声明を出しています。

歴史上最高の独立記念日になるとし、ホリデーは1日ではなく1年中続くことになると話しています。(DSからの独立か?)

 

少し違う話になりますが、アメリカ政府は台湾在住のアメリカ人の避難計画を立てていることが報じられています。

そして軍関係者はこのことに言及し、中国は台湾を何のためらいもなく制圧すると述べています。台湾進攻はかなり近いのでしょうね。

金融の方ですが、少し前にアメリカ国内の独立系格付け会社はアメリカで4243の金融機関とクレジットユニオンが破綻の危機にあるという警告を出しています。

ものすごい数ですがどこかで大きなところが崩れれば、すべてを巻き込んで崩壊していくということなのでしょう。

今週もいろいろと激しい展開がありそうです。

-マインド
-, , , , , , , ,

© 2023 歴史上最大の経済危機を切り抜けよう!