トラベル

ワクチン未接種者のマレーシア旅行

マレーシアといえば、ロックダウンがかなり厳しい国の一つですが、最近かなり緩和されてきました。

用事があるので行きたいとは思いつつも、隔離が厳しいのでなかなか行けず、このタイミングで行くことにしました。

マレーシアに旅行したら隔離がどのようになるのからについては、ブログで書いている方がいらっしゃいました。

緩和する前までは、ホテルが隔離パッケージなるものを販売していて、空港への出迎えからホテルでの宿泊、そして食事の世話までを提供していました。

【ブログ】マレーシアの隔離ホテルで生活してみた体験レポート

14日間の隔離中、一度もホテルの部屋から出られないということで、かなりきつそうですね。

 

ただ混和後は、このように変更となっています。

実質、4日間の隔離で、しかも「自宅隔離」ということで指定されたホテルに監禁されることはなさそうです。

家があるわけではないので、エアビーにしようと思い何件かに問い合わせをしてみたところ、携帯にダウンロードさせられるアプリは建物に設置されているGPS装置により監視されていたが、すでに取り外されているのではないかという話を別々の人から聞きました。(未確認情報です。)

ということで隔離期間中はエアビーに泊まることにして予約しました。

 

今はマレーシア渡航前二日前に検査を受け、陰性証明を取らないと飛行機に乗せてもらえません。

マレーシアの検査方式は、ただ唾液を取るタイプではなく、喉の奥から取るタイプのようです。

これに対応していない医療機関も多いようでしたが、こちらの病院では対応していました。価格も他に比べてお手軽です。

神田北口診療所

 

渡航に際してはアプリをダウンロードすることが要求されています。

私は空港でチェックイン前にやろうとしましたが、やってみるとなかなか複雑なので早めに終わらせておくことをお勧めいたします。

理想としてはPCR検査を受けた直後にした方がよいようです。

MySejahteraアプリ

というこでエアビーを予約し、陰性証明とアプリのダウンロードをすれば、ワクチン未接種でもマレーシアに旅行に行けます。

 

マレーシア到着後は、イミグレに行きましたが、何も聞かれずにそのまま入国させてくれました。

マレーシアの規定では、ワクチン未接種者は入国後24時間以内に、検査を受けてアプリにアップロードしないといけません。

空港の中に検査場があるので、そこで受けることをお勧めします。価格は160リンギットでした。

私が行ったのはKLIAの5階の端の方に検査場があります。場所が分かりにくいしサインも出ていないのでインフォメーションの方に聞くのが一番です。

 

私が止まっているエアビーはホテルコンドですが、建物に入るときに接種証明の提示を求められませんが、建物によっては必要なところもあるようです。

まだ到着一日目なので、隔離が終わるまでどうなるかはわかりませんが、思ったより簡単でした。

外国人旅行者もかなり多く来ているようでしたので、コロナ後の海外旅行先としてはよいのかもしれません。

 

-トラベル
-, , , ,

© 2022 歴史上最大の経済危機を切り抜けよう!