トラベル マネー

大嵐が来る前に、、、

今週はとても大事な週です。

 

世界中で、中国のエバーグランデに注目が集まっていますが、少し前にすでに同社は破産処理のために弁護士を雇っていたことが報道されていました。

ニュースサイトのゼロヘッジは、明日はリーマンの日になると報じています。つまり破産申請は間近ということです。

話によると、不動産開発のプロジェクトを90%引きで売却するなど、幕引きをかなり急いでいる感じがあります。

コロナ発生以降、各国の金融緩和のおかけで一時的には持ちこたえましたが、これが世界大恐慌の引き金になるのでしょうか?

 

China Yuan Swaps Soar Amid Fears Evergrande Default Will Lead To Liquidity Crisis

Endgame Begins: Evergrande Hires Bankruptcy Advisors As Furious Investors Protest Imminent Default

 

アメリカの方も今後、エバーグランデとは別に大荒れになる見込みで、アメリカ政府の債務の崖は回避できないという見方が強まっています。

その場合、10/15までに米国政府がデフォルトに陥る可能性があります。

政府職員に給与が支払われなくなるわけですから、政府は機能不全に陥る可能性があります。

また先ほどCPIが発表になりましたが、かなり"控え目"な数字となっているようです。

実際のインフレ率は、年換算で40%近いという噂が流れています。

またアトランタ連銀が今年のアメリカGDPの見通しをマイナス41%としたようです。

While America was distracted, the Federal Reserve Bank of Atlanta revised its GDP forecast DOWNWARD by 41%. Something’s VERY wrong here.

 

今週は大嵐が来る前にできることをしておこうと思い、アメリカに来ています。

世界中であちこちにある問題の規模が、前例のないものばかりで、どれか一つ爆発すると連鎖的に世界中が巻き込まれていくのだと思います。

問題がどのように波及していくのかは、誰にもわかりません。そして今回は救済できることのできる機関はありません。

以前は各国の中央銀行やFRBが公的機関を注入して救済してきましたが、今回は難しいのかもしれません。

もしかしたらアメリカと中国という二つの大国が崩壊していくのを目にしているのかもしれません。

そして、こういう異常な世界ですから、対応の仕方も正解というのはないのかもしれません。

いずれにしても、今の時代の腐敗した経済システムは、一度完全に壊れてしまった方が人類のためなのかもしれません。

-トラベル, マネー
-, , ,

© 2021 アメリカ不動産でBe Rich!