トラベル

コロナ禍中の海外旅行

こんなタイミングですが、アメリカに渡航します。

予想通り空港はガラガラです。チェックインの時に聞きましたが、フライトも空いています。

意外と海外旅行のいいタイミングなのかもしれませんね。

飛行機は空いているし、ホテルは安いし、旅行者にとってはいいことも多いです。

デメリットとしては、ホテルの部屋の掃除を毎日してもらえない、レストランが閉まっていることくらいですかね。

 

コロナだからといって、いつまでも家にいても仕方ないので、気にならない方はどんどん出かけて、仕事をした方がいいですね。

反対意見も多いとは思いますが、個人的にはコロナは肺炎になりやすい風邪くらいの位置づけだと思っています。

知り合いでコロナにかかった方が複数いますが、風邪と変わらないという意見が大勢を占めています。

できるだけ気を付けるのは当然ですが、コロナのせいで日常の活動を大幅に制限する必要は全くないと思います。

最近になってようやく、WHOはPCR検査はコロナの判定には適しておらず、大量の偽陽性を発生させることを認めました。

 

Right On Cue For Biden, WHO Admits High-Cycle PCR Tests Produce COVID False Positives

 

すでにお分かりの方も多いと思います。

偽陽性を大量に発生させ、それにより政府は何をしたいのかということを我々は考えるべきだと思います。

あとPCRはインフルエンザにも反応します。つまりこれはなぜ世界中でインフルエンザの患者が激減していて、その代わりにコロナ陽性が増え続けているのかの理由と言えると思います。

ほぼ間違いなくインフル患者はコロナ患者として扱われていることでしょう。

 

コロナにかこつけて、「安全のため」などと言いながら、わけわからない圧力をかけてくるその本当の理由は違うところにあることだけは間違いなさそうです。

 

-トラベル
-, , ,

© 2021 アメリカ不動産でBe Rich!