マインド

銀価格暴騰は12/31までに始まる?

主流メディアがついに銀の現物不足に関する報道を始めました。

ここ数十年間で最大の現物不足となる見通しだそうです。1.9億オンスが不足する見込みとのことで、過去には前例がない規模の不足が見込まれているそうです。

Silver heads for biggest deficit in decades, Silver Institute says

Silver deficit on global market to hit record high this year — experts

 

肝心のコメックスですが、先行きは短そうです。

バンクオブアメリカのリース契約満了が12/31までで、この日までにJPモルガンに返却する銀の量は393億オンスで、以前にハント兄弟が囲い込んだ量の10倍以上です。

現物がなくすべての返却は不可能だと見られています。

このまま行けば年末までの間に、不可抗力の宣言と閉鎖が見込まれると考える専門家もいます。

コメックスで現物を引き渡しを期待している投資家たちは、現物の代わりに現金での決済となるのかもしれません。

銀現物はバンクキラーだとか、金融機関にとってのアキレス腱だとよく言われますが、契約履行ができなくなる場合にバンクオブアメリカとJPモルガンがどうなるのかには注目したいと思います。

現物が無くなる時に、これまでに続いてきた価格操作が終わり、現物価格の高騰が始まるのでしょうか?

 

現在は世界の銀価格を決めるのはコメックスで、他には取引所はありません。

コメックスが閉鎖に追い込まれた後の価格設定の方法について、現在貴金属ブローカーたちは相談を始めているという話も聞きました。

長く続いた銀の価格操作もそろそろ終わりなのかもしれません。

 

ところでここ数日間で不動産の視察をしました。

いろいろと分かったことがありますので、あとから記事にしたいと思います。

 

-マインド
-, , , ,

© 2022 歴史上最大の経済危機を切り抜けよう!