強制退去

アメリカ不動産情報

リーマンショック越えは確定の様相

衝撃の記事がありました。 アメリカでは840万人が家賃を滞納しているというもので、全体の15%に上ります。 このうち350万人は今後、数か月以内に退去を強いられる見込みだそうです。 全米で賃貸物件に住 ...

アメリカ不動産情報

ウルフ オブ エアビーアンドビー

アメリカでは法律の改正を利用した不動産詐欺が横行しています。 その多くはAirbnb関連のもので、多くの人たちにかなりの被害を与えるものとなっています。   最近、報道されたのはニューヨーク ...

未分類

悪質な不法入居者に注意

英語ではSquatter(スクワッター)と言いますが、経済が悪化すると急増するのが不法入居者です。 つまり、家を差し押さえや強制退去で失うと、多くの人はホームレスになりますが、一部の人は空き家に侵入し ...

アメリカ不動産情報

アメリカ不動産バブルは最終局面の様相

FRBのインフレターゲットは2%ですが、それをはるかに超えるスピードでインフレが進んでいるのは住宅市場です。 価格上昇のスピードが加速しています。 フェニックスでは30%、サンディエゴ、シアトル、ダラ ...

アメリカ不動産情報

また無理やり延長、、、

また崩壊を先送りにしようとする動きが出ました。   少し前に記事にしましたが、先月末でアメリカのほとんどの州では、パンデミック発生以降続いてきた家賃の踏み倒し(モラトリアム)を合法とする法律 ...

アメリカ不動産情報

強制退去の津波が来る

パンデミック発生以降、アメリカでは家賃の踏み倒しが合法的に認められてきました。 これはモラトリアムと呼ばれていますが、この法律の期限が今月末で切れます。 過去にも、家賃の踏み倒しが合法化されてきたこと ...

アメリカ不動産情報

アメリカ不動産はそろそろ限界点に到達したのかもしれない

パンデミック開始以来、アメリカの各都市でホームレスが急増し続けています。 アメリカ政府は差し押さえと強制退去の停止をこれまで続けていますが、家を失う人は増えています。 ホームレスが急増しているため、地 ...

アメリカ不動産情報

カリフォルニアの大家に死刑宣告か

アメリカの各地では英語でモラトリアムと呼ばれる強制退去の禁止が行われていて、その期限が切れている州も多いのですが、カリフォルニアは違うようです。 最新のニュースによると、モラトリアムを2022年の1月 ...

アメリカ不動産情報

アメリカ人にとって暗くて寒い冬になる

今後、数か月以内に自宅を失うアメリカ人は数百万人に及ぶという報道が出ました。 Millions of Americans Expect to Lose Their Homes as Covid Rag ...

アメリカ不動産情報

入居者の退去時に起こること

州がコロナによる強制退去の一時停止をした時に、家賃の支払いをやめた入居者がいました。 残念ながら、アメリカではこういうタイミングで支払いをやめる人が非常に多く、踏み倒そうとする人が多いのは事実です。 ...

© 2022 歴史上最大の経済危機を切り抜けよう!