「海外不動産」 一覧

ウクライナ不動産投資の選択肢

ロシア語圏の不動産投資はハードルが高いです。 言語の壁と文化の壁があり、海外不動産投資の初心者向けではありません。 不動産価格だけでなく、通貨も暴落していることを考えると、うまくやれば儲かると思います ...

「価格が上がる」=「儲かる」ではない

海外のランドバンキングの中には、「今後、〇×年で〇〇倍」になるかもといって宣伝しているところを見かけます。 日本の東京の地価と比較して、まだかなり格安だとか、人口が増えているからこれから上がるに違いな ...

ベネゼエラの富裕層がしていること

政情不安で多くの人が国外脱出を図っているベネズエラですが、首都のカラカスの不動産は最高の買い時を迎えているようです。 報道によると、食糧品、医療品が不足し、停電が起こるなど、まともな市民生活を送れない ...

低迷期を脱出しつつあるロシア不動産

過去数年、低迷していたロシア不動産。 通貨危機と不動産価格の下落が相まって、良い投資のチャンスが続いていました。 特にモスクワは大都市で人口の流入が続き、住宅不足に慢性的に悩まされている場所なので、投 ...

海外不動産に何を求めるべきか?

日本人の不動産投資家にとって、不動産投資というとインカムゲインを求めるものという観念が広く定着しています。 そして、その上に節税メリットが取れれば、さらに良いと考える人がほとんどです。 ですから、日本 ...

チャイナマネーの新たな行き先

チャイナマネーの動向次第で、国の経済が大きく変わることがあります。 特に経済規模が小さい国の場合、バブルが怒ったり弾けたりすることすらあります。   過熱した不動産市場を鎮静化させるため、外 ...

新興国の不動産マーケットは強烈に下げる可能性がある

世界経済の先行きに不安が高まる中で、特に新興国の不動産市場が急落するという予測が出始めています。   先進国、例えばイギリス、シンガポール、スイスやオーストラリアで不動産が下落している中にあ ...

やはりロシア不動産の価格が反転し始めた

マーケットというのは永遠に落ち込むことはなく、また永遠に上がり続けることもありません。いつもサイクルを繰り返すということを覚えておければ、一喜一憂せずに長期で投資できるようになります。   ...

シンガポールの売り物件を視察

せっかくシンガポールに来たので、売り物件を視察しました。 ゴージャスなコンドミニアムでしたが、値段もかなりゴージャスでした。 300平米で7億円くらい。投資としては意味を全く意味をなさない物件でした。 ...

オーストラリア不動産とネガティブエクイティ

ついに不動産バブルが弾けたとして有名になりつつあるオーストラリア不動産ですが、 すでにかなりの割合の人が含み損を抱えている状態になり、今後その割合は増えていくと予測されています。 これは2月の時点での ...

Copyright© 海外投資と起業でBe Rich! , 2019 AllRights Reserved.