「海外不動産」 一覧

ウクライナ不動産投資の落とし穴

旧ソビエト連邦諸国家の不動産マーケットは海外の投資家にとっては未開の地のようです。 非常な可能性がある反面、言語と文化が分からないと落とし穴にも気づかないものです。   以下はウクライナでよ ...

世界各国の金融緩和でバブルが進む国際不動産市場

UBSによると、世界各国の金融緩和のせいで、バブルの可能性が高まってきたとのことです。 世界の20の大都市圏のうち、75%はすでにバブルの可能性がある、あるいは実際の価値以上に高騰していると言われてい ...

外国人投資家の不動産購入を禁止する国

最近、高騰する不動産価格のせいで自国の人たちが不動産を買えなくなっているとして、外国人投資家たちに中古不動産の購入を禁じる国が出始めています。 特に中国人投資家のせいで、不動産価格が以上に高騰している ...

世界中の投資家たちが注目している不動産市場はどこか?

世界中の不動産投資家たちの動向は、不動産価格に大きな影響を与えます。 これはインターネットの世界的不動産雑誌のサイトでの統計です。 投資家が圧倒的に注目しているのは北米で、次にアジア、ヨーロッパと続い ...

日本人が海外不動産に目を向けるのはもはや必然

報道によると、日本人による海外の不動産への投資が増加しています。今後、円安になることが確定しているような日本経済なので、今のうちにドル資産を作ろうというのは、もはや変えられない流れのように思われます。 ...

シカゴ不動産は世界の大都市の中で最安値です!

UBSは世界の大都市の不動産バブルチャートを出しました。上がそのチャートです。 これによるとシカゴは世界の大都市の中で最もundervalue(価値が低く見積もられた)都市とのことです。 アメリカの都 ...

不動産バブルが弾けそうな都市はどこ?

バブルというのは弾けるまで、バブルだったかどうかは分かりにくいと言われます。 弾けた後に、あれはバブルだったとわかるわけです。 ですから、「バブルがはじけるかも」という予測はあまり、というかほとんど当 ...

静かに増え続けるロシアへの不動産投資

日本ではほとんど話題にならないロシア不動産投資ですが、他国の投資家たちはやはり静かに買っています。 前年比で二倍以上の投資金額がロシアの不動産市場に海外から流入しているそうです。 トランプ大統領も選挙 ...

モスクワのコンドをバケレンで運用開始!

新しいモスクワのコンドミニアムのバケレンでの運用を開始しました。 モスクワは外国人投資家があまり参入していない数少ない都市のひとつで、参入障壁は高いものの、不動産投資の条件がそろっています。 ロシア不 ...

ニュージーランドの不動産バブルは弾けたのか?

ニュージーランドの不動産バブルが弾けたかもしれません。 報道によると、不動産の売り上げが急激に下落しています。 価格は昨年比でまだ上昇していますが、売れなくなると価格も落ちていくと思われます。 もしか ...

Copyright© 世界で不動産を買おう! , 2017 AllRights Reserved.