マインド

海外旅行とワクチンパスポート

日本でも海外でも、ワクチンを打ちたくないという人はかなり多いようです。

日本では半数くらいは打ちたくないと考えているという統計がありました。

やはり大手メディアが隠していることや、副反応で苦しんでいる人たちのことや死亡した人のことを考えると、コロナウイルスそのものよりも、ワクチンの方が危険だと考えるのは至極当然だと思います。

とはいえ、国によってはワクチンを強制化しようとする動きが出てきたり、ワクチンを接種しないと海外旅行にもいけない日もそう遠くはないのかもしれません。

 

現実味帯びる「ワクチンパスポート」必携のニューノーマルの世界

 

日本はファイザー社のワクチンを輸入していますが、これを打ちたいという人はあまりいないと思います。

最近の海外の報道では、ファイザー社のワクチンはコロナウイルスの40倍の死亡率であると言われています。

今ですら非常に危険なワクチンであることが明らかになっているのに加え、長期的な影響はまだわかりません。

そして、もしワクチンで深刻な健康被害が生じたり、死亡したとしても因果関係を証明できない場合がほとんどではないかと思います。

 

New Analysis: Pfizer Vaccine Killed ‘About 40 Times More Elderly Than the Disease Itself Would Have Killed’

 

今後の動きを見き分けたいとは思いますが、私はどうしても打たなければならない状況になるまでは様子を見て、

どうしても必要になる時にロシア製のワクチンを打ちに行くつもりです。

ロシア製のコロナワクチンの"Sputnik"は他社のワクチンとは異なり、副反応もほとんどなく、抗体が90%以上の確率でできるそうです。

私の知り合いの中にも、すでにロシアのワクチンを二回接種した人が複数おり、悪い話は今のところ聞いていません。

 

Russian scientists say Sputnik V performs well against COVID mutations

 

現地の人に確認をしてもらいましたが、今のところロシア人に対して順番に接種しているところで、外国人にはそのあと後になりそうだとの回答が来ました。

今のところ、ロシア政府は外国人に対し、ワクチンのツアー客の受け入れも検討しているようで、今後人気が高まるのは間違いなさそうです。

今後、世界はワクチンを強制する方向に向かっていくと予想されますので、その時はロシア製のワクチンを打つことを検討すべきだと思います。

 

日本人も受けてるロシアワクチン「スプートニクV」 外国人接種に賛否

 

日本政府もファイザー社のワクチンだけを輸入するのではなく、ロシア製のワクチンも輸入すべきだと思います。

ただアメリカの圧力には抵抗できないのでしょうね。

-マインド
-, , , ,

© 2021 アメリカ不動産でBe Rich!