マネー

影響を受けている都市の上位リストと失業率

時間の経過とともに、アメリカでは事態は少しずつ変化していきます。

大企業の倒産や知事の対応により、経済も影響を受けていきます。

これから大統領選挙とその後の混乱により、さらなる事態の変化は見込まれますが、大方の流れは見えてきたのではないかと思います。

失業率は公式発表では7.9%とのことですが、実際の数字は23%台のようです。

以下の地図は影響を受けている都市のランキングです。

色が濃い都市はランキングの上位です。

 

経済的に困窮している人が多い都市のランキングは以下の通り。

  1.  ラスベガス
  2. シカゴ
  3. ヒューストン
  4. ダラス
  5. サンアントニオ
  6. フェニックス
  7. ロサンゼルス
  8. オースティン
  9. マイアミ
  10. フォートワース

ランキングに入っている都市の多くはエンタメ業界、旅行業界が多い都市です。

例えば、ラスベガスでは9月に318000人が失業したと言われています。

オーランドはディズニーワールドの不振が大きく、ディズニーだけで70000人を一時解雇したと報道されており、ホスピタリティー業界の失業率は40%を超えているとのこと。

こちらはコロナで失業が増えている都市のランキングです。

右側の欄は失業率で、真ん中の欄は失業の増加率です。

 

投資の判断をするのに参考になる情報ですね。

失業が多い都市ではゆがみが生じますので、投資のチャンスが生まれます。

-マネー
-, , , ,

© 2021 アメリカ不動産でBe Rich!