マインド

ファウチ医師の誤算

混乱した今の世の中ですが、その中でも好転の兆しが少しずつ見え始めているようです。

 

クリフハイの情報ですが、人類の人口削減装置として計画されたワクチンですが、死亡者数がCDCのファウチ医師の予測をかなり下回っているそうです。

武漢研究所にファウチ医師は資金提供して、人口削減ウイルスの開発に取り組んでいました。

しかし、毒物であるスパイク蛋白をもっと強力な病原体に接続することができず、唯一成功したのはコロナウイルスでした。

しかし、コロナウイルスは弱い病原体で、特にビタミンDにはかなり弱いことが判明しています。

当初、ワクチンの二回接種で死亡に至ると想定していたようですが、それも想定よりもかなり下回っているようです。

接種後、2か月半から5か月の間に深刻な健康被害を抱えるようになると想定していたようですが、そうなっておらずかなり焦っているそうです。

ワクチンは不良品だったことが今判明しているということです。

 

人種ごとに人口を削減をするというのが、彼のミッションでしたが、無残な失敗に終わりそうなので、次善策として、ワクチンの接種回数を増やすという暴挙に出ているようです。

もちろん死亡する人は多数になるというのは変わりませんが、それでもグローバリストたちの目標には大きく届かないというのが実態のようです。

彼らが今問題としているのは、ワクチンを一度接種したものの、体の異変に気付きそれ以上、接種することをやめた人が大多数に及んでいるということです。

(クリフハイによると、政府が発表する接種数はでたらめで全く参考にならないそうです。)

人々は気づき始めています。

 

イギリスではワクチンパスポートの案が撤回されました。イギリス国民の勝利ということのようです。

 

 

クリフハイによると、一般人が目覚めつつあるので、情報の拡散を止めるために10月の半ばごろにSNSを停止せざるを得なくなると予測しています。

しかしSNSはグローバリストたちが情報収集の手段として使っているのが、SNSなので、止めることは逆効果になり、再開した時にはそれまで以上の反動になると考えているようです。

 

人口削減の計画が失敗に終わりつつあるのと、お金が底をついていること、不正選挙の情報が明らかになるなど、グローバリストたちはかなり追い込まれています。

彼らを待ち構えているのは、 民衆からの逆襲ということになるのでしょう。

Anti-Vaxxer Allegedly Threatened Fauci With Scalping, Torture, Death

 

それにしてもグローバリストたちに命令を出して、人種ごとに人口削減を命令している影の存在はいったいだれなのでしょう?

-マインド
-, , , ,

© 2021 アメリカ不動産でBe Rich!