マインド

ホロドモールと有力者の雲隠れ、そしてUFO

クリフハイのデータ分析です。

恐らく信じられないと思われる方も多いとは思いますが、半信半疑で読んでいただければと思います。

クリフハイはネット上のキーワードを分析して、集団心理を分析し、それが近未来に与える影響を予測しています。

話を聞く限り、彼は元軍人でデータ分析の際にダークウエブ上の情報や軍事情報も分析しているようで、もちろんすべてが正確に当たるわけではないにしても、かなりいい線を言っていると思います。

彼は今回のパンデミックをかなり前から予測していましたが、その時に上がったデータセットにそれを示唆するものが含まれていたのでしょう。

つまり、計画はそのことからすでにあったということになりますね。

 

クリフハイの予測

 

さて、彼の最近の話ですが、今アメリカでは別の作戦が進行しています。

それはHOLODOMOR ホロドモールと呼ばれるもので、人工的に大飢饉を発生させることにより人口削減を図ることを指しています。

これはワクチン接種という罠に引っかからなかった人々を飢餓で、死に追い込むことを目的としています。

世界の指導者層は"SELF SELECTING CULLING"(自らを進んで淘汰される人々)という言葉を使用しているようですが、

喜んでワクチンを受ける人々をできるだけ、殺した後、騙されない人々を飢餓に追い込む計画のようです。

ちなみにデータセットによると、削減目標は10億人だそうです。(クリフはそれを下回ると考えているようです)

現在、バイデンはカリフォルニア北部からオレゴンにかけて、水の供給を止めることによって、食糧不足を引きおこそうとしています。

Drought leads to water shut-off in Southern Oregon

A reservoir shutdown pits neighbor against neighbor. One group is threatening to reopen it by force

Water crisis ‘couldn’t be worse’ on Oregon-California border

農家と畜産業は水不足の影響をもろに受けています。

ただクリフハイによると、この計画は気候変動により、アメリカでは降雨量が大幅に増えるので、うまくいかないだろうと述べています。

 

あと、別の指摘ですが、最近月の表面での戦闘が激化しているようです。

高性能の望遠鏡で、地球から観測できるそうで、ただそれを見られたくないようで、ケムトレイルで隠ぺいを図っているそうです。

YouTubeに動画があると言っていたので、調べてみたところ、月のUFO動画が確かにいくつか見つかりました。

クリフハイによると、人類に対して友好的だとは限らないようです。

 

恐らく、まだUFOとかエイリアンなどというと、現実感がない人がほとんどだと思います。

しかし、ちょうどこんな報道も出でいます。

U.S. congressman says ‘something’s going on that we can’t handle’ when asked about UFOs

テネシー州の下院議員がプーチンとバイデンの会談について尋ねられた際に、UFOについて言及し、ロシアの軍事技術ではないこと、そして今何かが起こっており、人類では対応ができないと回答しています。

あと、これも最近のニュースです。

1980年代の米ソの冷戦が終わったのには、UFOの出現とエイリアンからの攻撃があったという記事です。

配信元がワシントンの政治専門誌で、アメリカの政治家の間では現実のようです。

Biden should channel Reagan, ask Putin about UFOs at summit

これはクリフハイの推測ですが、今地球で起こっている数々の恐ろしい出来事は、恐らくUFOとエイリアンとの関係があるだろうとのことです。

世界支配のエリートたちはエイリアンの部下なのか、それともエイリアンの攻撃対象なのかは不明です。

 

いまだに流行っている陰謀論者の間に、「〇×が処刑されて、今演じているのはゴム人間だ」というものがあります。

そのため、すでに処刑されて別人が演じているという話が流布するのだと思います。

その話はただのウソだと思いますが、世界の指導者たちやVIPが一人、また一人と姿を消しているのは事実のようです。

クリフハイによると、彼らは近々起こる人々の反乱をすでに予期していて、避難態勢に入っているようなのです。

クリフハイの予測では、来月には世界的にワクチン接種によるパニックが起こるそうです。

当然ですが、これだけのジェノサイドを実行するとなれば、復讐のターゲットになるのは容易に想像できます。

今後、1-2年の間に億を優に超える人々が死ぬときに、その怒りは政治家や医者など、ワクチンを推進した人々に向けられます。

ワクチン接種をした人々は認知機能に問題を抱えるようになるので、怒りを制御できず、暴力的な仕方で復讐するようになります。

その時までに本当のVIPは避難していて、残すのは人柱だけにする予定なのかもしれません。

 

あと、少し面白い予測ですが、バイデンを神格化する動きがあるそうです。

地球から宇宙に送り出されて、神格化するムーブメント(?)なのかもしれません。

 

いずれにしても、今年の夏からは非常に危険な時期に突入することになりそうです。

恐らく突然こんなことを言われても信じられない人も多いでしょうが、少なくとも今年の夏に突然、人々が騒ぎ出したとしても、驚かないで済むと思います。

クリフハイによると、7月はパニックの月になると言っています。

7月は人々のマインドコントロールが崩壊する月なり、それと同時に彼らのマインド(心と精神)も崩壊するそうです。

-マインド
-, , , , , , ,

© 2021 アメリカ不動産でBe Rich!