マインド

※更に追記  ワクチンを打ってしまったら、、、

コロナウイルスの発生源を中国に押し付けようと、各国とも躍起になっていますが、

実際のところスパイクプロテインはアメリカで開発され、それをコロナウイルスに接着する作業は武漢で行われていたようです。

そして中国政府は、それがどのように作用するかのテストのため、ウイグル人に対して人体実験をしていたというのが真相のようです。

そして、恐らく人為的に放出したということのようです。

 

知らずにワクチンを打ってしまい、後で後悔する人も多いと思います。

残念ながら、有効な対策というのはなく、あとは本人の健康状態により結果はかなり異なると言われています。

もちろんワクチンは一度より二度打つ方が、体に悪く、一度打った後で気づいた人は、二回目は打ってはいけません。

対応により、助かるかもしれませんが、一回の摂取で確実に不妊になるそうです。

他のところでも語られていますが、スパイクプロテインそのものが生物兵器であり、コロナに感染しても体内に入りますし、ワクチンを打っても体内に入ります。

ワクチン接種した人がスーパースプレッダーになり、近くの人に移す場合もあるでしょう。

ワクチン会場に救急車があるのは、ワクチン接種直後に死亡する人が一定数いるためです。

アメリカでは毎日300人程度が、その場で死亡しているそうです。

 

まずは自分を防衛することから始まるわけですが、一番大切なのは血液中のビタミンDレベルを上げることだと言われています。

というのは、スパイクプロテインはビタミンDに対して非常に脆弱なためです。

血液中のビタミンDレベルが高い人は、そもそもコロナに感染しませんし、近くにワクチン接種者がいても影響を受けません。

というのはスパイクプロテインが体外からすぐに排出されるためです。

ビタミンDというのは、日光浴により体内に生成されるわけですが、世界の死者数を見ると、中国、イラン、イタリアなど日光浴をする習慣がない国で、死亡数が高くなっています。

日光浴と死亡数との関係はかなり密接なようです。

もちろん日光浴は大切ですが、コロナに対して自分を守るためにはサプリメントは欠かせません。

目安としては、血液1リットルに対し、47ナノグラムのビタミンDレベルがあるかどうかが分かれ目のようです。

理想としては、90-120ナノグラムの水準を保つとよいとのことです。かなり高い数値ですが、健康に悪影響はないそうです。

ビタミンDレベルは血液検査で調べる必要があります。そして、これは様々な変異種に対しても有効です。

冬場は太陽光が弱いので、多めに取ることが進められています。

そしてワクチンを打ってしまった人も、ビタミンDの大量摂取は役立つそうです。

 

ワクチンを打ってしまった人に役立つのは、C60と呼ばれるオイルだと言われています。

これは体内の正しく機能していない細胞を体外に排出する機能があるとされています。

FDAには承認されていませんが、がんに効果があると言われています。

 

C60

 

あと、役立つのはビタミンCです。

あちこちで話題になっていますが、ワクチンを打った人が人間磁石になっていますが、これには理由があるようです。

ワクチンにスパイオンと呼ばれるナノ粒子が入れられています。これは体内に注入されたmRNAが細胞が体内から排出されないようにするためで、人間の細胞に侵入しDNA確実に改変させるため、そして体内の各部に移動させることを目的としているようです。(かなり難しい説明を聞いたので、私の理解が正しければこういうことだと思います。)

ナノ粒子はC60に吸着し、排出される可能性が高いとのことです。

ビタミンCを大量に取ることにより、細胞に異物が侵入することを防げる可能性があるとのことです。

 

ワクチンを接種した人は、今年の秋から冬にかけて大量に死亡します。

それはすでに体内にスパイクプロテインがある人が、コロナウイルスに接触し、違うスパイクプロテインが侵入すると、かなりの確率でサイカインストームを引き起こすとのこと。

起こる確率としては60-70%にも上ると見られています。

 

私は医者ではないので、アドバイスを与える立場にはありませんが、聞いた範囲では対策としてできることは、これくらいのようです。

また新しい情報を聞きましたら、アップデートします。

 

追加です。

他にも役立つと言われていることです。

サウナ(20以上、毎日)

断食(食事の回数を減らすのも有効)

アルカリダイエット

 

下のリンクの動画は必見です。(英語ですが、、、) 

この医師によると、ワクチンはまさに殺人兵器そのものです。

 

Vaxxed?

このワクチンについてはまだ分かっていないことが多数あるので、これらの提案をしている医師も推測で話していますので、どうするかについては自己責任にて判断してくださいね。

 

※6/18 更なる追記です。

 

スパイクプロテインに対しては、n-アセチルシステイン(NAC)が有効だとする未確認情報があります。

ただアメリカのアマゾンでは、すべての商品が販売停止になっているようです。

これが何かを物語っているかもしれませんね、、、、

 

他のサイトではまだ購入可能です。

私はこちらから注文しました。

NAC

情報の正確性は不明ですので、ご自身で調査の上、判断を下してください。

-マインド
-, , , , ,

© 2021 アメリカ不動産でBe Rich!